SUPER GT

ジェンソン・バトン「鈴鹿1000km」の意気込みを語る

投稿日:

広告コード

ジェンソン・バトン

ホンダは『ジェンソン・バトン、Hondaと挑む新たなる挑戦 with Special Video』と題した動画を公開。SUPER GT 第6戦 「鈴鹿1000km」にスポット参戦するジェンソン・バトンの意気込みや日本のファンにむけてのメッセージを、これまでのテスト走行の模様を交えながら伝えている。

鈴鹿1000kmを最高のレースにします

「他のドライバーと一緒に作業するのはエキサイティングです。彼らには彼らの意見があるし、私にも少し異なった意見があります。F1での経験を生かして鈴鹿1000kmで成績を残したいと思います」

「GT500には3社の大きな自動車メーカーが参戦し、4社のタイヤメーカーが競い合っています。才能豊かなドライバーがそろっていますし、とても国際的な顔ぶれです」

「マシンのエクステリアデザインは魅力的で、ものすごくカッコよくて、驚くほどスタイリッシュ。NSX-GTは、世界で最もクールなレーシングカーです」

「日本の観客のみなさんは、モータースポーツを心から愛する世界でもっとも熱いファンです。みなさんと会えることを、いつも楽しみにしています」

「ひとりひとりのドライバーやチームも素晴らしい。だからここに戻ってきてSUPER GTに参戦できるのは、本当に特別なことです」

「みなさんのホームカントリーでもう1度、それも「鈴鹿1000km」を戦うために来日しました。SUPER GTに参戦することをもう何年も前から楽しみにしていました」

「F1の素晴らしい舞台で17年間戦い、今回、SUPER GTに参戦するチャンスを得られたことがとてもうれしいです。これまでの私のキャリアをサポートしてくださったすべてのみなさんに心からお礼申し上げます。この場所で再びレースを見ていただけるのがなによりうれしいです。サーキットで、お目にかかれることを楽しみにしています」

「みなさんのために、SUPER GTの鈴鹿1000kmを最高のレースにします」


 

TEAM MUGENに注目

MUGEN NSX-GT

ジェンソン・バトンは、現在ポイントランキング13位のTEAM MUGEN(MOTUL MUGEN NSX-GT)で武藤英紀、中嶋大祐とトリオを組み、第3ドライバーとして参戦。現在ウェイトハンディ14kgと軽量であるため、1000kmという長距離を走るレースでは燃費面で有利に立つことは間違いない。 鈴鹿でバトンの走りに注目だ!

アドセンス




アドセンス




-SUPER GT
-, ,

Copyright© Portrait in CARS , 2018 All Rights Reserved.