SUPER GT

室屋義秀が富士スピードウェイ上空で世界レベルのアクロバット飛行を実演

更新日:

広告コード

飛行機がメインストレートを滑空!

日本人唯一のレッドブル・エアレースパイロットで、今年開催した千葉大会で、自身初のシリーズ2連勝&母国ラウンド2連覇を達成。現在総合ランキング2位の室屋義秀選手が、「YOSHIHIDE MUROYA Special Flight @ FUJI SPEEDWAY Supported by LEXUS」と題して富士スピードウェイの上空を舞った!

世界レベルのアクロバットに大盛り上がり!

これは、SUPER GT第5戦「FUJI GT 300KM RACE」の8月5日の予選前と8月6日の決勝前に行われたもの。

急降下したと思ったら急上昇!

コースの南側「300R」付近の上空で、スモークを噴射しながらV字のターンやキリモミ飛行など、様々なアクロバット飛行を実演。

キリモミ飛行をする室屋氏

LEXUSの文字が書かれた機体が木の葉のように舞う様子を写真に納めようと、多くの人が懸命にシャッターを切っていた。

空中で急ターン!

そしてフィニッシュには、メインストレートを低空で滑空!その音とスピードに会場は大いに盛り上がった。

アドセンス




アドセンス




-SUPER GT
-

Copyright© Portrait in CARS , 2018 All Rights Reserved.