ニュース

マツダ 初代「ロードスター」のレストアサービス開始

投稿日:

広告コード

マツダ・ロードスター(初期型)

マツダは1989年〜1998年まで販売した初代NA系ロードスターのレストアサービスを2018年初頭より開始することを発表した。

初代ロードスターをオリジナルに近い状態へリフレッシュ

このレストアサービスは、レストア事業とパーツ再供給の二つからなるサービス。レストア事業は、オリジナルに近い状態にクルマをリフレッシュするもので、メーカーであるマツダがオーナーと直接面談し、個々のクルマの状態や御要望に合わせたサービスを施工。2017年内に受付を開始し、2018年初頭よりサービスを始める予定だ。作業を行うマツダ社内の施設は、技術、安全、証明サービスに関する認証機関TÜV Rheinland(テュフ ラインランド)ジャパン株式会社が交付する「クラシックカーガレージ認証」の取得を予定。レストアしたクルマを高い品質でオーナーに届けるとしている。

幌やタイヤ、ウッドステアリングなども再生産!

NARDI製の木製ハンドルも再生産!

パーツ再供給は、現在供給終了となっている初代「ロードスター」の一部パーツを復刻するもの。2018年初頭より販売を開始します。パーツはオリジナル状態にこだわり、初代「ロードスター」発表当時を彷彿とさせるビニール生地のソフトトップやデザインを再現し、乗り味にこだわったブリヂストン製タイヤSF325(185/60R14)、NARDI製ウッドステアリング/シフトノブを現在の技術で復刻する。その他の部品供給についても、オーナーとの対話を通じて今後取り組んでまいります。 長く付き合った愛車をリフレッシュし、今後も付き合えるサービス。オーナーの方はもちろんのこと、これから中古で購入し、リフレッシュして初代ロードスターの魅力を探ってみるのもいいかもしれない。

■初代「ロードスター」レストアサービス(マツダオフィシャルサイト) https://www.mazda.co.jp/carlife/restore/

NA型ロードスターのリアビューロードスター

アドセンス




アドセンス




-ニュース
-, ,

Copyright© Portrait in CARS , 2018 All Rights Reserved.