D1GP

GT-Rが空を舞う!末永正雄が波乱のD1大阪戦を制す

更新日:

広告コード

2017年シーズンのD1グランプリも折り返し。大一番となる「GRAN TURISMO D1 GRAND PRIX SERIES Rd.4」が7月22日(土)、大阪府舞洲の特設コースで行われ、今期からTOYO TIRES GLION TRUST RACINGに加わった末永正雄が優勝した。

勝ち名乗りを受けガッツポーズをする末永正雄/撮影:クリハラジュン

単走決勝2本目で最高点を叩き出す!

昨年までTOYOのエース、川畑真人が乗っていたR35 GT-Rに乗る末永正雄は、開幕戦・第2戦では振るわなかったものの、前戦の筑波では3位を獲得。その流れのまま、末永正雄は大阪に乗り込んだ。前中に行われた単走決勝で1本目は点数が伸びなかったものの、2本目で、この日唯一となる99点台をマーク。勢いのあるところを感じさせた。

予選2回目で高得点を叩き出す末永正雄とR35 GT-R

地元大阪で川畑がクラッシュ!

この日の追走決勝トーナメントは波乱の連続であった。ベスト16戦で地元大阪でのレースに燃える川畑真人が、対戦相手で昨年のチャンピオン斎藤太悟が乗っていたチェイサーに乗る畑中真吾と激突。

宙を舞う川畑のGT-R/撮影:クリハラジュン

川畑のGT-Rは飛び上がりつつ畑中を押し出しながらコンクリートウォールにクラッシュし2台は走行不能に。

藤野vs村上の対戦がベスト追走賞を獲得/撮影:クリハラジュン

ベスト8戦では、午前中に行われた単走決勝で優勝したランキング2位の藤野秀之がヘアピンでオーバーラン。

松井先行の2本目。松井に寄せた齋藤だったが松井を押してしまう/撮影:クリハラジュン

脅威的な速さと異次元の振り返しで優勝候補筆頭だった斎藤太悟も、準決勝で松井有紀夫をプッシュしてしまい敗退するなど次々に実力者が脱落していく……。

その中で末永正雄は、高いコーナーリングスピードを武器に決勝まで勝ち進む。決勝戦は古巣で名門RE雨宮のFD3Sを駆る松井有紀夫。

決勝の松井VS末永戦。コーナリング速度で勝る末永がFDのインを突く/撮影:クリハラジュン

コーナリングマシンで知られるFDに対し、末永正雄のR35 GT-Rが一段速い速度でコーナーを駆けぬけてゆく。この速さに松井はついて行けず、末永が久々の表彰台の頂上に立った。

チーム力の高さを実感

チームの面々と記念撮影する末永正雄/撮影:クリハラジュン

勝利した末永は「攻めなきゃいけないけど、単に攻めればいいっていう状況じゃなくなったところで、チームがぜんぶマネージメントして頂いた。タイヤの使い方だったりとか、そのへんもやっていただいて、僕は任せっきりだった。今回このような結果が出たのは、チーム力の高さだと思います」とチームに謝辞を述べた。

D1グランプリの次戦は、8月19日(土)と20日(日)の2日間、D1発祥の地である福島県・エビスサーキットで行われる。

優勝した末永正雄のマシン/撮影:クリハラジュン

アドセンス




アドセンス




-D1GP
-, , , , , , , ,

Copyright© Portrait in CARS , 2018 All Rights Reserved.