SUPER GT

魔物荒ぶる!SUPER GT史上屈指の混戦をDENSOが制する

更新日:

広告コード

7月23日(日)、宮城県スポーツランドSUGOにて、2017年シーズンのSUPER GT第4戦「SUGO GT 300km RACE」の決勝が行われ、#1 DENSO KOBELCO SARD LC500(コバライネン /平手)が今季初優勝。GT300クラスは#11 GAINER TANAX AMG GT3(平中/ビルドハイム)が勝利した。

DENSO KOBELCO SARD LC500

序盤はHonda勢が大活躍!

山間部に位置するSUGOは、高低差を利用したテクニカルなサーキット。毎戦、天候やマシントラブルなど波乱なレース展開が起こるため、レース好きの間では「魔物が棲む」と言われる。今回もスタート直前に降雨。波乱のレース展開を予感させた。

RAYBRIG NSX-GT

序盤は予選で上位を独占したHonda勢。2周めに予選2番手だった#100 RAYBRIG NSX-GTが#8 ARTA NSX-GTを抜きトップに立つ。いっぽう予選3番手の#17 KEIHIN NSX-GTのリアカウルが走行中に外れるというアクシデントが発生。その後最終コーナーでGT300クラスのマシンがクラッシュし、セーフティーカーがコースイン。 11周めにセーフティーカーが解除すると、RAYBIRGが後続に差をつけはじめる。雨は一旦弱くなったものの、またもや強く降り始めるという状況。レース3分の1を過ぎたあたりで、RAYBRIG NSX-GT、Epson Modulo NSX-GT、MOTUL MUGEN NSX-GTという順位。

RAYBRIG NSX-GT

このままRAYBIRGが大量リードを築くものの、41周目、最終コーナーでフォーラムエンジニアリング ADVAN GT-Rがクラッシュ。2度目のセーフティーカーが入りRAYBRIGは2戦連続で大量リードを失ってしまう。各チームここでピット準備。しかしRAYBIRGとEpsonは入らず。47周目にレース再開するものの、49週目にGT300クラスが1コーナーでスピンと最終コーナーでクラッシュし、3度めとなるセーフティーカー導入。この間に#46 S Road CRAFTSPORTS GT-RとDENSO KOBELCO SARD LC500が絶妙なピットタイミングで一気に有利に立つ。

S ROADとDENSOのトップ争い。最終ラップで降雨!

53週目にレース再開すると、トップ争いは最後尾スタートだったS Road CRAFTSPORTS GT-RとDENSO KOBELCO SARD LC500の争い。

S Road GT-R

RAYBRIGは完全に失敗し、6番手まで順位を下げてしまう。

DENSO KOBELCO SARD LC500

レースは最終ラップの1コーナーで、S RoadがDENSOを抜きにかかるが抜けず。さらに雨が振りDENSOがコースアウト。空いたインをS Roadがつこうとするものの、復帰したDENSOと接触。レースはそのままDENSOがトップを守りチェッカーを受けた。

アドセンス




アドセンス




-SUPER GT
-, , , ,

Copyright© Portrait in CARS , 2018 All Rights Reserved.