スーパーフォーミュラ

SF富士はニック・キャシディが嬉しい初勝利

投稿日:2018年7月8日 更新日:

広告コード

7月8日(日)、全日本スーパーフォーミュラ選手権第4戦の決勝レースが富士スピードウェイで行われ、ニック・キャシディ(KONDO RACING)が参戦2年目にして嬉しい初優勝を果たした。2位は、予選3番手からスタートし、キャシディとマッチレースを展開した石浦宏明(JMS P.MU/CERUMO・INGING)、3位に予選8番手から大きくポジションを上げた国本雄資(JMS P.MU/CERUMO・INGING)が入り、石浦と国本も、今季初表彰台を獲得した。

気温30度、路面温度37度というドライコンディションの下、午後2時15分にフォーメーションラップがスタート。この時点で、予選トップのキャシディ、山本尚貴(TEAM MUGEN)、石浦、中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)はソフトタイヤを選択した。

シグナルがグリーンとなり、55周先のゴールに向けて戦いの火蓋が切られると、キャシディが好スタート。それに石浦、関口、一貴と続き、山本は5番手まで後退する。しかし山本はオープニングラップのヘアピン進入で、一貴をオーバーテイク。4番手にポジションを戻してくる。国本は好スタートを決めて6番手まで浮上に成功。

スタートから約10周を過ぎたあたりから、ピットが慌ただしくなる。最初に飛び込んできたのは伊沢、可夢偉、ディルマンの3台。その翌周には、平川、野尻、カーティケヤン。さらにその翌周には国本、塚越、ロシター、山下の4台がピットに入り、いずれもソフトタイヤへの交換と給油を終えてコースへ復帰。この時点で、コース上を走っているクルマは、全車がソフトタイヤを履いている状況となった。

トップ争いのキャシディと石浦は、1秒から1.3秒という僅差の中で、2人は周回を重ねて行く。いっぽう3番手の関口以下、山本や一貴は思うようにタイムを上げられず、トップの2台からは引き離されることに。それに代わってトップと変わらないか、あるいはトップを上回るペースで走り始めたのが、ソフトに換えた国本だった。20周を終えたところで、トップと国本の差は1分03秒。だが、キャシディと石浦がトラフィックに引っ掛かっている間に、その差は縮まり30周を終えたところで、国本との差は59秒に。

上位勢が動きだしたのは24周から。まず3番手を走行していた関口がピットイン。だが、ミディアムタイヤへの交換と給油を終えた関口がコースに戻った時には、国本と平川が先行。関口はポジションを落とす結果になった。その2周後、27周目の1コーナーでは、一貴がペースの上がらない山本をオーバーテイク。山本は、その周を終えるとピットに向かう。ここでミディアムタイヤへの交換と給油を終えた山本は、関口の後ろでコースに復帰。30周を終えたところで、見た目上の5番手まで浮上していたティクトゥムがピットイン。ミディアムタイヤへの交換と給油を終えたティクトゥムは、キャシディと石浦の目の前でコースに戻った。その影響でキャシディと石浦の差がグッと縮まり、石浦はオーバーテイクボタンを使いながら、ダンロップコーナーでキャシディ攻略を試みるも、ふんばりをみせる。

キャシディのピットインは35周目。チームはミディアムタイヤへの交換と給油を12秒9と素早い作業で済ませ、国本の前でコースに戻ることに成功する。一方の石浦は、キャシディがピットに入り、前が開けたところで猛プッシュ。ピット作業での逆転を狙う。5周引っ張り、40周を終えたところでピットに入ったが、作業を終えてからの動き出しに少し時間が掛かったこともあり、逆転は叶わなかった。

全車がピット作業を終えた頃、順位はキャシディ、石浦、国本、平川、一貴、関口、大嶋、山本という順。ここからの終盤で、激しいポジション争いを演じたのは、大嶋と関口。大嶋は再三、関口の背後につき49周目の1コーナーでは大嶋が関口に並びかけたものの、コカ・コーラコーナーまでほぼ並走となり、関口がポジションを死守。その後も僅差のバトルが続いたが、最後まで順位の入れ代わりはなかった。後方でも、可夢偉と塚越、ロシターと山下らのバトルが勃発。ロシターはコカ・コーラコーナーでイン側からオーバーテイクを仕掛けた山下と接触し、山下はコースアウト。ロシターが山下を飛ばす形となったため、レース後に危険行為と判定され、結果に60秒加算とペナルティーポイント1点を科されている。

一方、ピットイン前までテール・トゥ・ノーズの息詰まる戦いとなったトップ争いだったが、ピットイン後はキャシディのペースが勝り、最後は4秒以上の差に。キャシディはそのまま逃げ切って、嬉しい初優勝を果たした。2位の石浦、3位の国本は、今季初表彰台を獲得。以下、平川、一貴、関口、大嶋、山本までがポイントを獲得した。キャシディはポール・トゥ・ウィンで11ポイント獲得。トップ山本との差を大きく縮めることに成功した。

アドセンス




アドセンス




-スーパーフォーミュラ

Copyright© Portrait in CARS , 2019 All Rights Reserved.