スーパー耐久

50年ぶりの富士24時間をGTNETが制す

投稿日:2018年6月3日 更新日:

広告コード

 6月2日〜3日にかけて行なわれた「ピレリスーパー耐久シリーズ2018 第3戦 富士SUPER TEC 24時間レース」の決勝レースは、3日15時過ぎにチェッカーフラッグが振られ、ST-Xクラスの99号車Y's distraction GTNET GT-Rが759ラップを周回して総合優勝。2位に83号車Phoenix racing Asia R8、3位は81号車J-Fly Racing R8が入り表彰台に上がった。

序盤はENDLESS GT-Rが先行

決勝レースで序盤のリーダーとなったのは、3号車のENDLESS GT-R。ポールポジションを獲得した勢いそのままに、山内英輝が好スタートを切って、Y’s distraction GTNET GT-Rの藤波清斗を寄せつけず、まずは1コーナーへ滑り込んだ。藤波も負けてはおらず、オープニングの1周で1秒7の差をつけられたものの、すぐに現れたバックマーカーを利用して差を詰め、やがて山内との一騎討ちが始まった。

一方、3番手からスタートの244号車MAX RACING RC Fの田中哲也は大事をとったのか、1周目こそひとつ順位を落とすに留まったものの、2周目には7番手に後退。これにより、3番手には777号車D’station Porscheの荒聖治がつけ、その背後には3台のアウディR8勢が続くこととなる。

15周目の1コーナーで82号車Phoenix Racing Asia R8のアレックス・ユーンとST-2クラスのトップ、58号車DAMD MOTUL ED WRX STIが接触。82号車Phoenix Racing Asia R8はリタイア、DAMD MOTUL ED WRX STIはピットへと戻る。これで最初のセーフティカーランが実施され、約10分後に解除。
ENDLESS GT-R山内はリスタートだけでY’s distraction GTNET GT-R藤波を7秒も引き離し、その後は感覚をほぼ保って周回を重ねていく。
一方、藤波はSC前にD’station Porsche荒をかわしていたJ-Fly Racing R8の川端伸太朗に迫られるようになり、応戦一方。しかし、川端には黄旗追い越しの30秒ストップペナルティが課せられ、42周目にピットロードへ。

それから間もなく、1時間30分を経過しようとしていたことから、上位陣は45〜46周目に揃ってピットイン。最初のドライバー交代を行い、ENDLESS GT-Rは銘苅翼に、Y’s distraction GTNET GT-Rは星野一樹に代わるもポジションは変わらず。しかしD’station Porscheの星野敏が3番手に浮上する。

ナイトセッションでD'Stationにトラブル

スタートから3時間30分を経過した、18時30分からナイトセッションが開始。徐々にあたりは夕闇に包まれるようになっていく。
そんな中、近藤翼が3番手を走行していたD’station Porscheが118周目の100Rで追突されてコースアウト。不幸なことにミッションに影響を及ぼしエンジンもかからない状態。なんとか再起動できた時には、致命的な遅れとなり優勝戦線から離脱した。

一方、4時間を経過したばかりの135周目に、ENDLESS GT-Rは再び山内にバトンタッチ。
次の周にはY’s distraction GTNET GT-Rも、安田裕信に交代する。それまで15秒ほどだった間隔が次第に広がり30秒近くへのビハインドに。しかし、184週目、ダンロップコーナーで停車した車両の回収のためSCが導入され、そのタイミングで差は縮まったどころか、SCラン空けには形勢逆転。Y’s distraction GTNET GT-Rが首位に立ち、30秒近いリードを築く。
8時間経過後の277周目。Y’s distraction GTNET GT-Rが星野一樹との交代に併せ、最初のメンテナンスタイムを行なったため3番手に後退、ENDLESS GT-Rが首位に、2番手にPhoenix Racing Asia R8のマックス・ホファーが浮上する。

深夜2時、レクサスコーナー立ち上がりでST-4クラスと13号車ENDLESS 86と、ST-TCRクラスの10号車Racingline PERFORMANCE GOLF TCRがクラッシュ。これにより赤旗が振られレース再開までに45分ほどを要してしまう。

夜明けにENDLESSにトラブル。サバイバルの様相を呈する

再開から間もなく折り返しとなる12時間目を迎え、トップはENDLESS GT-R。ナイトセッションが終了して、あたりもすっかり明るくなって14時間を経過した頃、レースが動き出した。メンテナンスタイムを終えたばかりのENDLESS GT-R山田真之亮がコースに戻ると、左フロントのフェンダーから白煙が上がり。465周目に緊急ピットイン! ブレーキのトラブルであった。この予期せぬトラブルに見舞われ、ピットで長い修復を要することになり、ENDLESS GT-Rはトップ争いから脱落した。これにより83号車のPhoenix Racing Asia R8がトップに浮上するが、ここまでまだ一度もメンテナンスタイムを行なっておらず、規定で定められた20時間目の寸前でようやく行うと、トップに立っていたのは、2回目のメンテナンスを済ませていたY’s distraction GTNET GT-R。後続との差は2周以上。余裕のある体制となった。
650周目から星野一樹が、671周目から浜野がクルージング。その後、コース上ではコカ・コーラコーナーでST-5クラスのマシンのエンジンから火を吹き2度目の赤旗中断。30分後に再開後もトップは、Y’s distraction GTNET GT-Rで、2番手は83号車のPhoenix Racing Asia R8。しかし705周目のドライバー交代直後に83号車はENDLESS GT-Rと接触し、その際に足回りを痛めたばかりか、その行為に対してペナルティが課せられる。
これでD’station Porscheが2番手に返り咲くも、元嶋佑弥が712周目のダンロップコーナー手前でエンジンが生き絶えた。

ノントラブルで走りきったGTNET

その後、ゴールまであと1時間13分となった718周目に最後のドライバー交代で藤波にステアリングが託されると、スタートから24時間が経過した759周目にY’s distraction GTNET GT-Rが50年ぶりとなる富士での24時間レースをトップチェッカー。今シーズン2勝目を挙げた。2位は83号車のPhoenix Racing Asia R8、3位にJ-Fly Racing R8が獲得。
4位は244号車のMAX RACING RC Fが完走を果たした。

アドセンス




アドセンス




-スーパー耐久

Copyright© Portrait in CARS , 2019 All Rights Reserved.