SUPER GT

前に出た方がチャンピオン!RAIBRIGがSUPER GT初戴冠

投稿日:2018年11月11日 更新日:

広告コード

2018年シーズン最終戦、スーパーGT第8戦が11月11日に栃木県のツインリンクもてぎで行われ、GT500クラスはポールポジションからスタートしたARTA NSX-GTがポール・トゥ・ウィンで今季2勝目を挙げた。チャンピオン決定戦であったこの大会、RAYBRIG NSX-GTの山本尚貴/ジェンソン・バトン組が3位に入りシリーズチャンピオンを戴冠した。

GT500のタイトル候補は数字上4台。その中でホンダNSX-GT勢はシーズン中盤からの予選における速さをもてぎでもライバルに見せつけ、ポールポジションを獲得し逆転王座を期すランキング4位のARTA NSX-GTを筆頭に、2番手RAYBRIG NSX-GT、3番手のEpson Modulo NSX-GTと上位を席巻。さらにKEIHIN NSX-GTが6番手で優勝候補の1台であるKeePer TOM’S LC500の前を塞ぎ、ホンダ陣営にとって盤石の体制を築いた

スタート直後ARTA伊沢拓也が飛び出し後続を引き離しにかかる。後方では6番グリッドのKeePerがKEIHINをかわして5番手に浮上。4番手のZENT CERUMO LC500の背後につけレクサス艦隊を形成。

KeePerにかわされていたKEIHINは、ボンネットが浮き上がった状態で緊急ピットイン。すぐにコースへと復帰するもタイトル争いが繰り広げられる先頭集団からは大きく離れた最後尾へ。

5周目au TOM’S LC500の中嶋一貴がアタックを開始。11番手にまでポジションアップすると、続く7周目にMOTUL AUTECH GT-Rをかわしトップ10まで復帰する。

タイヤ・ドライバー交代のピットインは20周から。まず先に動いたのはトップをいくARTA。19周目を終えピットへと飛び込むとモニター上で35秒フラットの制止時間で野尻智紀にチェンジ。同じ周回でMOTUL GT-R、DENSO KOBELCO SARD LC500、カルソニック IMPUL GT-Rもピットへ。

さらに21周目終わりで64号車のEpson、38号車ZENTが同時にピットへと向かうものの、チャンピオン争いのRAYBRIG山本尚貴、KeePerニック・キャシディは引っ張り続ける。山本は1分41秒台と最後のプッシュを見せる。

このトップ2台がピットに入ったのは29周目。

100号車が制止時間37秒5でジェンソン・バトンへ、1号車が制止時間36秒7で平川亮へとチェンジ。コース上では2番手争いのEpsonをZENT石浦がS字でオーバーテイク。するとRAYBRIGバトンが石浦の背後、KeePer平川はWedsSport ADVAN LC500の背後8番手でコースイン。平川は前方のレクサス隊列をオーバーテイクしRAYBRIGを追う。

いっぽうバトンはZENT石浦をすぐさまロックオンすると、33周目からテール・トゥ・ノーズのバトルを展開。右へ左へとマシンを降り、石浦を揺さぶりにかかる。

いっぽう、36周目までに5番手まで浮上してきた平川は、前を行くEpson松浦にピタリとつけると、37周目の5コーナーでマシンを接触させながらインを差し逆転。猛然とRAYBRIGを追撃。40周突入時点でKeePer平川は前のRAYBRIGバトンに4秒8、42周目には2秒8にまでギャップを縮める。40周を過ぎた頃からZENT石浦追走の際に見せた勢いに陰りが出始めたRAYBRIGバトンはペースダウン。残り10周の44周目突入時点で2台の差は1秒6にまで詰まり、46周目にはついに背後に迫る。

チャンピオン争いは、KeePer平川vsRAYBRIGバトンの直接対決。50周目には0.277秒まで接近。さらに首位を行くARTA野尻にZENT石浦が0.683に迫り、優勝争いとタイトル争いの行方が混迷を深める。

優勝争い、チャンピオン争いの構図となったホンダNSX-GT対レクサスLC500の両バトルは、どちらもホンダが踏ん張り、8号車ARTA NSX-GTがポール・トゥ・ウインで優勝。KeePer平川とRAYBRIGバトンの直接対決も、バトンのラストスパートでKeePer平川を引き離して勝利。

山本尚貴/ジェンソン・バトン組のRAYBRIG NSX-GTが3位表彰台を確保したことで、元F1王者はフルシーズンのデビューイヤーでスーパーGTのタイトルを獲得。ホンダ陣営としても2010年以来の8年ぶりのシリーズチャンピオン、さらに山本尚貴は2004年リチャード・ライアン以来となる、スーパーフォーミュラと合わせて同一年のダブルタイトル獲得した。

優勝したARTA伊沢は「優勝できたのはうれしいですが、RAYBRIG NSX-GTにチャンピオンを獲られたこと、昨年まで所属していたTEAM KUNIMITSUにチャンピオンを獲られたことで悔しさの方が大きいです」と笑顔なく語り、チームメイトの野尻も「ただ、こういう複雑な思いはもう2度としたくないと思っています。優勝してうれしい反面、今日という日を忘れず来年以降のタイトル獲得を目指して明日から頑張っていきたいです」と、こちらも複雑な気持ちを吐露。

いっぽうチャンピオンを獲得したバトンは「チャンピオンがかかっているときのバトルはいつでもタフなものだ。後ろのマシンが速く感じられる。1対1でレースしていれば問題ないけど、トラフィックが絡んでくると話は変わってくる。外から見ているよりも、実際にはいいペースで走ることもできたけど、とにかく(コース上での)ポジション取りを意識していた。かなりタフな戦いだったけど、チェッカーを見たときは本当に安心したよ」と安堵の表情。ダブルタイトル達成の山本は「レースを長いことやっていても、ふたつのカテゴリーでタイトルを獲得する権利を持つことができるドライバーは限られていると思います。それをさらに結果に結びつけられるのも、限られています。そういった意味では、今はそれを達成できたよろこびもあります。レースに来る前から、ふたつのカテゴリーでタイトル獲得の可能性があるのはリチャード(ライアン)以来、14年ぶりのことで、日本人で達成したのは本山さんだけということも分かっていました。スーパーフォーミュラ(最終戦)の週末から3週間くらい、自分の身体がまるで自分のものではないような感覚でしたね」とそれまでの苦労を吐露するとともに、喜びをあらわにしていた。

アドセンス




アドセンス




-SUPER GT

Copyright© Portrait in CARS , 2019 All Rights Reserved.