D1GP

D1GP十勝・予選結果速報

投稿日:

広告コード

D1グランプリが北海道に初上陸!6月9日、十勝スピードウェイにて予選が行われた。 この日の十勝地方は朝の気温が7度と、6月とは思えない寒さ。道民に話を伺ったところ「先週は30度の日もあったのに……」との声をあちらこちらで聞いた。

侵入速度170km/h超えのハイスピードコース

コースは十勝スピードウェイの一部を逆走する形。

170km/h近い速度から一気に2つの右コーナを抜けて、最後に左へと振り返すハイスピードなレイアウトとなっている。午前中と午後の2回行われた練習走行では、2つのコーナーをうまくつなげることができない選手が多数見受けられ、ローパワーのマシンにはやや厳しいようだ。

肌寒いものの、練習走行中はドライコンディション。各車とも白煙を上げてコーナーを駆け抜けていき、来場したファンを多いに喜ばせていた。しかし、D1ではお馴染みの齋藤大悟、今村陽一、平嶋明、田中省己は今回エントリーしていないのが残念なところ。

予選開始直前から冷たい雨が降る

D1グランプリの予選は4つのグループが2回づつ走行し、その中でのベストで順位付けされる。4名がエントリーしていないため、各組とも5名の中から4名が単走決勝に進出。1名が振り落とされる。

予選は定刻通り15時35分から開始したのだが、その直前から降雨となり、観客席にはあちらこちらで傘の花が開き、ジャッジ点数の補正値であるウェット係数は6〜7と、かなり高い数値となった。

松川がキレのある走りを見せたAグループ

Aグループは、松川和也、日比野哲也、岩井照宜、高橋邦明、内海彰乃の5名。この中で光ったのは松川和也。1本目から2コーナーをインカットするものの、ダイナミックな走りを見せた。いっぽう内海は1本目でインカットするミス。2本目も失敗し予選敗退。

ドリフト侍がガードレールの餌食となったBグループ

Bグループは松井有紀夫、

田所義文、時田雅義、林和樹、今村隆弘の組み合わせ。1本目で田所が89.83という高得点を叩き出すものの、松井がその上を行く91.16をマーク。いっぽう十勝ラウンドから今シーズンのD1に参戦した今村は、2本目に1コーナーを飛び出しガードレールに激突。コースのランオフエリアは芝生で広いものの、雨が芝を濡らして滑りやすくなっており、彼が乗るFC3Sは止まることができなかった。ここで今村の予選敗退が決定した。

「のむけん」と北海道出身上野がいるCグループ

注目は野村謙のいる村山悌啓、唄和也、上野高弘、山口考二のCグループ。野村は今年で引退、上野は北海道が地元だ。天候はますます悪化し、ウェット係数は7へとステップアップ。各車が87点台をマークする中、野村は1本目83.15と伸び悩む。2本目に期待がかかったものの、ここでも野村は84.07。前戦オートポリス同様、雨に泣かされる結果となった。いっぽうチームメイトの村山は、2本目に90点台を叩き出し、総合でも3番手。明暗を分けた。

小橋が最高得点を叩き出したDグループ

Dグループは、小橋正典、中田哲郎、ポン、高橋和巳、チャールズの組み合わせ。予選前のチェック走行でチャールズのラジエーター付近から冷却水が漏れているのが確認され、1本目の走行はキャンセル。反面、冴えたのがTEAM ORANGEに所属し、V8エンジン搭載のS15を狩る小橋だ。ウェット係数7でありながら大胆な走行は観客を魅了。1本目に91.49と、この日の最高得点を出す。2本目、チャールズのマシンの修復は間に合わずリタイア。この瞬間、チャールズは予選敗退となった。

D1グランプリ十勝ラウンドの決勝は6月10日、10:30から行われる

アドセンス




アドセンス




-D1GP
-, ,

Copyright© Portrait in CARS , 2018 All Rights Reserved.