スーパー耐久

スーパー耐久第2戦でD’Station Racingが1分差をひっくり返してトール・トゥ・ウィン達成

更新日:

広告コード

4月28日(土)〜29日(日)、ピレリ スーパー耐久シリーズ2018第2戦「SUGOスーパー耐久3時間レース」の予選と決勝が「スポーツランドSUGO」(宮城県)で行われ、最上位クラス「STX」は、D'Station Porscheが1分差をひっくり返してのポール・トゥ・ウィンを達成した。

グリッドにはポールポジションのD'Station Racingの後ろに、GT-R勢の3台が並ぶ展開。

まずトップに立ったのは「D’station Porsche」の荒。「ENDLESS GT-R」の山内と「Y’s distraction GTNET GT-R」の星野が追いかけるが、徐々に差が広がる。
レース序盤の14週目、2コーナーで同じSTXクラスのAudi R8がコースアウトしFCYが適用。グラベルからのマシン撤去作業のため約2分6周のFCY中に「D’station Porsche」は、荒がコクピットに収まったまま給油だけを行い、トップのままコースに復帰。「Phoenix Racing Asia R8」も、アレックス・ユーンからショウン・トンにドライバー交代。

このタイミングで「ENDLESS GT-R」山内が一気に荒との差を詰めたのだが、逆転できずその後は差が広がる。

この2台がピットに入ると「Phoenix Racing Asia R8」のトンがトップに浮上。FCYの間にドライバー交代を行なっていた恩恵は大きく、70周目にアレックス・アウに交代後、全車2回目のピットストップを済ませると、2位以下とは約1分の差を付けて独走状態。

ここで意地を見せたのが「D’station Porsche」の近藤。プッシュし続け差を縮めていくと105周目のバックストレートでスリップストリームから抜け出した近藤は、馬の背コーナーで逆転に成功。

そこからは逃げ切り、D’Station Racingのポール・トゥ・ウィンを達成。昨年の最終戦以来となる優勝を遂げた。

アドセンス




アドセンス




-スーパー耐久
-, ,

Copyright© Portrait in CARS , 2018 All Rights Reserved.