スーパーフォーミュラ

SUPERFORMULA開幕!予選は無限のワン・ツー

更新日:

広告コード

「日本一速いドライバー」決定戦ともいえる「SUPER FORMULA」(全日本フォーミュラ選手権)の2018年シーズン開幕戦が4月21日(土)、22日(日)の2日間、三重県・鈴鹿サーキットで行われた。

名車SF14最後の年

今年のSUPER FORMULAは、一時期「F1マシンよりコーナーリング速度が速い」と言われていた現行マシンSF14最後の年、そしてミディアムとソフトという2種類のタイヤを使う「2スペック制」を採ることにより戦略の自由度が増したシーズンである。そのため、開幕戦の鈴鹿は、昨年の200kmレースから300kmへと距離を延長。ドライバーの力量はもちろんのこと、チーム戦略も注目される。

デグナーで2台が餌食に……

21日(土)には、公式フリー走行と予選が行われた。この日の鈴鹿は好天に恵まれ、まるで初夏のような陽気。しかし風が少し強かったためか、路面温度はそれほど上がらないコンディション。 午前中のフリー走行では、セッション開始14分すぎ、ジェームス・ロシター(VANTELIN TEAM TOM’S)がデグナーカーブふたつめでスポンジバリアに突っ込み、マシン回収のため赤旗中断。その後セッションが再開されたが、再び同じ箇所で今度は山本尚貴(TEAM MUGEN)がグラベルでマシンストップ。約7分のセッション中断ののちセッション再開となった。

各車が予選に向けてタイムアタックに入り始めた終盤。SUPER GT開幕戦で活躍した塚越広大(REAL RACING)が1分38秒509をマークしトップに浮上。このときのアタックはミディアムタイヤで行い、同じタイミングでソフトタイヤでアタックに入っていたドライバーたちのタイムを上回る快挙を遂げた。その後、ソフトタイヤを装着したとみられる野尻、山本がアタックを行い塚越のタイムを上回ったが、その差はコンマ282で、トップ3がホンダ勢で占めた。トヨタ勢では4位に関口雄飛(IMPUL)が最上位。しかし5位〜7位がホンダ勢が占め、昨年のシリーズチャンピオン石浦宏明(CERUMO・INGING)は1秒279差の12位。昨年までSUPER FORMULAはトヨタ勢が幅を効かせていたが、今年は勢力図が大きく変わったようだ。

形勢逆転!ホンダ勢が反撃の狼煙をあげる

15時45分から行われた予選Q1は、全車ミディアムタイヤでアタック。トップ通過は今年から参戦した松下信治(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)! 2番手に山本尚貴、3番手に山本のチームメイトでルーキーの福住仁嶺が入るなど、トップ6をホンダが占めた。

14台から8台に絞られる7分間のQ2では、全車ソフトのニュータイヤでコースイン。ほとんどのドライバーはウォームアップを終えると、すぐにタイムアタックに入った。セッション残り25秒、2回目のアタックをしていた平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)がデグナーコーナーひとつ目先でコースアウトし、セッション13秒残したところで赤旗中断。残り3分でセッションは再開するも、TEAM無限の2名をはじめとした上位陣はQ3に向けてタイヤを温存。いっぽうQ2通過を目指す陣営はニュータイヤを投入するかユーズドで戦略が分けた。ニュータイヤを投入した塚越、中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)、石浦は通過したものの、Q1トップ通過をした松下は、ユーズドタイヤを選択。Q3でのポールを狙ったものの、ニュータイヤ勢の前に立つことができず敗退。

ポールを決めるQ3では、ニュータイヤを残していた伊沢、野尻、山本、福住の4人の勝負。最初にタイムを出したのは伊沢で1分37秒935。これに続いてアタックした野尻が1分37秒040と伊沢のタイムを大きく上回る。その後、福住が1分36秒991でトップに立ったものの、その直後に山本が1分36秒911と、わずか100分の8秒更新。先輩としての意地をみせた。 山本のポール獲得は2016年の開幕戦以来2年ぶり通算9回目。セカンドグリッドは福住で無限のワンツー。さらに終わってみれば1位から5位までホンダ勢が並んだ。トヨタ勢のトップは石浦で6番手だった。

山本「トヨタとホンダで特に差はないですよ(笑)」

山本は「自分が取れるとは思っていなかった。車に少し問題があり、嬉しい驚きです。チームのみんながいい車に仕上げてくれて感謝しています。(ホンダ勢が1位〜5位まで独占したことに対して)、ホンダのみんながオフシーズンに頑張ってくれたと思います、というとトヨタに火をつけるので、特に差はない、ということにしましょう(笑)」と笑顔で語った。福積は「フリー走行の流れから自分が2番手にいけるとは思っていなかった。しかし、正直、2番というのは、あのタイム差を見ると悔しいです。」と悔しさを滲ませていた。

アドセンス




アドセンス




-スーパーフォーミュラ
-

Copyright© Portrait in CARS , 2018 All Rights Reserved.