SUPER GT

SUPER GT開幕戦はレクサスがトップ6を独占

更新日:

広告コード

SUPER GTの2017年シーズン開幕戦が4月8日(日)、岡山国際サーキットで行われ、平川亮/ニック・キャシディ組のKeePer TOM'S LC500 37号車がニューマシンのレクサスLC500のデビュー戦で勝利を挙げた。

NSX-GTがフォーメーションラップ中にマシン停止!

GT500クラスはレクサス、日産、ホンダの各車がニューマシンを投入。そのポテンシャルに注目が集るこのレース。春らしいコンディションの下、午後2時34分に岡山県警の白バイ先導によるパレードラップが開始された。続いてフォーメーションラップに入ったが、ここでポールポジションにつけていたNSX-GT 8号車がスローダウン。その他のNSX-GT勢も次々にコース脇にマシンを止めてしまう。実はグリッド上でNSXの5台全車がリアハッチを開けて電装系のチェックを行っていたのだが、どうやら修理することなくスタートすることを決めたようだ。このマシンの撤去のためセッションは赤旗中断。セーフティカー先導でのスタートという、波乱の開幕となった。

レクサス同士によるワンゲームマッチ

ポールポジションの車両が脱落したことで、レクサス勢は6号車、37号車、38号車、19号車とトップ4を占めてスタートを切る。3周目からレクサスLC500同士による激しい首位争いが勃発。2位につけるキャシディの駆る37号車が首位を行く大嶋和也の6号車に襲いかかり、ヘアピンへの進入で白煙を上げるほどのハードブレーキングでインを刺し、首位に浮上。 5周目にGT300車両のクラッシュが発生しセーフティカーが導入。12周目にレースが再開されると、6位、7位を走っていたジェームス・ロシターのレクサス36号車と、ヘイキ・コバライネンのレクサス1号車が順位を上げて、レクサスLC500がトップ6を独占するという状況に。 中盤に入ると、各チームピットへ入って給油、タイヤ交換とドライバー交代。ここで4位に落ちていた6号車は、好ピットに助けられ2位へ浮上。

レースは53周目にGT300車両がクラッシュしたために長いセーフティカーランとなり、残り20周でスプリント勝負に。37号車の平川は、6号車カルダレッリからの猛追を凌ぎ切りトップでチェッカーを受けた。平川にとっては2015年の最終戦以来、キャシディにとってはSUPER GTで初となる勝利。6号車が2位、1号車が3位となり、レクサスがデビュー戦で表彰台を独占。4位に38号車、5位に36号車、6位に19号車が続き、レクサスLC500がトップ6を占める圧勝で開幕戦を終えた。

アドセンス




アドセンス




-SUPER GT
-, , ,

Copyright© Portrait in CARS , 2018 All Rights Reserved.