D1GP

D1第2戦はTOYO勢が強さを発揮!単走は川畑、追走は藤野が勝利!

更新日:

広告コード

2018 D1グランプリの第2戦が4月1日、大阪府・舞洲スポーツアイランドで開催され、藤野秀之が第2戦追走チャンピオンを獲得した。

前日に開催予定だった単走予選が、度重なるトラブルによって翌日に順延され、各陣営は朝から慌ただしく対応に追われた。

そんななかで単走決勝を首位で通過したのは川畑真人だった。
走行前に各選手のランキングを無線で聞いていた川畑は、藤野秀之が99点超えを果たしたと聞いてご立腹。
「びびって安牌に行かず、自分の最高の走り」をしようと決めて走行に臨んだ。「第2セクターに入ったところで100点超えを確信した」走りだったと振り返った川畑は、見事に100.52というスコアで単走優勝に輝いた。

しかし午後の追走決勝では、またしてもマシントラブルが川畑を襲う。
ベスト16では、先行する川畑は中田哲郎を全く寄せ付けず、さらに1ランクペナルティを科された中田を難なく退けるかと思われた矢先、ホットピットでボンネットを開けるR35が映し出されると、会場の空気は一変。
クラッチに発生したトラブルにより、後追いとなる2本めドリフトを決めることは出来ず、川畑は初戦敗退を喫してしまう。

一方で単走2位につけた藤野秀之は、ベスト16でチャールズ・イン、ベスト8で末永直登、そして準決勝では唄和也を次々と撃破して決勝進出。
その藤野を迎え撃つのは、先日の開幕戦でもベスト3に食い込んだ北岡裕輔が好調をキープしてトーナメントを勝ち上がってきた。

しかし両者には大きな差があった。
決勝まで見据えたタイヤマネジメンをしてきた藤野に対し、北岡はユーズドで走らざるを得ない状況だった。
この差は埋め難く、藤野が北岡を2本に渡って圧倒。
この結果、藤野が1日渡って危なげない勝負を見せて今季初優勝を獲得した。

シリーズランキングは藤野と北岡が47ポイントでトップに並ぶ結果になった。

次戦第3戦は4月14日から15日に大分県・オートポリスで開催される。

アドセンス




アドセンス




-D1GP
-

Copyright© Portrait in CARS , 2018 All Rights Reserved.