スーパー耐久

スーパー耐久開幕戦ST-TCRクラスは新型「CIVIC TCR」がデビューウィン!

投稿日:

広告コード

スーパー耐久の注目クラスST-TCR。今年はホンダとアウディ、そしてVWのマシンによって争われているが、昨年同様「ホンダVSアウディ」の様相を呈している。4月1日「ピレリ・スーパー耐久シリーズ」の開幕戦が鈴鹿サーキットで行われた。果たしてその結果は?

ワークス代理戦争

両陣営ともカスタマーチームへのサポートとして、ワークスチーム級のトランスポートを用意。ホンダはまるでモーターホームのような大型のものを用意してきた。

いっぽうのアウディは、ST-XクラスにもR8を3台参戦していることから、トランスポート2台体制に小型のトラックも用意。これらのトランスポートには、2500種8000点の部品を用意して万が一に備えているという。

この物量、もはやカスタマーチームによる代理戦争だ。

さて、ホンダ勢は昨年販売開始したCIVIC TypeR(FK8)をベースとするCIVIC TCRを投入。「Modulo CIVIC TCR」「FLORAL CIVIC TCR」の2台で参戦。しかし納品も都合から3月の公式テストに間に合わず、開幕戦でシェイクダウンという形で迎えることとなり、練習走行ではトラブルが頻出。あまり走行することができなかった。

対するアウディは昨年同様RS3LMSで参戦するものの、台数は3台へと増加。しかもそのうちの1人気アニメ「プラズマ☆イリア」とコラボレーションした「痛車」だ!

予選は、BRP★Audi Mie RS3 LMSがクラス・ポールポジションを獲得!

プリズマ☆イリヤ RS3 LMSがフロントローに付きアウディ勢がトップを占めた。3番手にModulo CIVIC TCR、4番手にRacingline PERFORMANCE GOLF TCR、m-1 CARFACTORY RS3 LMSと続き、ST3クラスのマシンを2台挟んでFLORAL CIVIC TCR、かなり後方に昨年参戦していたFK2型のCIVIC TCRで参戦するB-MAX Engineering CIVIC TCRといったグリッドとなった。

1週目でポールが消える波乱の展開!

スタート1週目は、BRP★Audi Mie RS3 LMSを先頭に1コーナーへと入っていく。しかしそのBRP★Audi Mie RS3 LMSが第3セクターでクラッシュ! 右フロントを破損してリタイアした。

その影響か、プラズマ☆イリア RS3 LMSは一時期3番手まで順位を落とし、Modulo CIVIC TCR、Racingline PERFORMANCE GOLF TCRの後塵を拝する。しかし30分後には、プラズマ☆イリア RS3 LMSは、この2台をパスしトップに。

 

それどころかModulo CIVIC TCRを引き離す。しかもCIVIC TCRの後ろにはRacingline PERFORMANCE GOLF TCRが迫り、2番手・3番手はテール・トゥ・ノーズのバトルが勃発。

レースはその後、この順位で進んでいく。

2時間20分でB-MAX Engineering CIVIC TCRが130Rでクラッシュ。しかしピットに自走して戻り、リアバンパーを取り外して復帰する。

その後は、各車ルーティンのピットを繰り返していく。5時間のレースでは4回のピットのようだ。 しかし6回の黄旗FCYは、レースの展開に大きく影響を与える。気づけばModulo CIVIC TCR、Racingline PERFORMANCE GOLF TCRそしてプラズマ☆イリア RS3 LMSという順位に。

これでレースは終了。Modulo CIVIC TCRがデビューウィンを飾った。

注目はピット回数。CIVICとGOLFは3回であったのに対し、RS3は4回だったのだ。これが3回だとしたら順位は大きく変わったかもしれない。

アドセンス




アドセンス




-スーパー耐久
-, , , , , ,

Copyright© Portrait in CARS , 2018 All Rights Reserved.