SUPER GT スーパー耐久 ニュース

ひょっとしたらレースに出れるかも!? アウディジャパン「痛車」を含む今年のモータースポーツ活動計画を発表

投稿日:

広告コード

アウディジャパンは3月24日、SUPER GT公式テストが行われていた富士スピードウェイにて、今年度のモータースポーツサポート活動及びカスタマーレーシングプログラムを発表した。

ドライバーやチーム関係者の中央でモータースポーツに対する思いを語るアウディジャパンの斎藤徹社長

アウディは80年代に乗用車用四輪駆動システムの「クワトロ」を開発し、世界ラリー選手権(WRC)に投入し席巻。2000年に入ると世界耐久選手権(WEC)に参戦し、2006年にル・マン初のディーゼルエンジン搭載車として、2012年には初のハイブリッドシステム搭載車として総合優勝を果たしている。

そして現在は電気自動車のフォーミュラE、そしてドイツのツーリングカー選手権「DTM」や、ラリークロスにワークス体制で参戦。また「R8 LMS GT3」「R8 LMS GT4」「RS3 LMS」というレーシングカーを、カスタマーチーム向けとして用意している。

今年、アウディジャパンは「R8 LMS GT3」をSUPER GTシリーズのGT300クラスに2台、

SUPER GTのGT300クラスに参戦するHitotsuyama Audi R8 LMS

スーパー耐久シリーズのST-Xクラスに3台のR8 LMS、

スーパー耐久のプレシーズンテストで走行するアウディR8 LMS

「RS3 LMS」をスーパー耐久シリーズST-TCRクラスに3台をカスタマーチームに供給。昨年を遥かに超える台数に対してサポートを行う。

スーパー耐久に参戦するバースレーシングプロジェクトのRS3 LMS

注目すべきは、スーパー耐久シリーズに初めてR8 LMS GT3を3台も投入することと、RS3 LMSのうちの1台が「痛車」であること。気になる痛車のモチーフはアニメ「プリズマ☆イリヤ」であるという。

「プラズマ☆イリア」のシルエットラッピングがなされたRS3 LMS

これらのカスタマーチームサポート体制として2500アイテム8000点のパーツを積載したトレーラーを全戦に帯同、万全のサポートを行うという。

レースに参戦できる「夢」も提供!

アウディはモータースポーツのテクノロジーを投入した市販車を販売している。ラインナップは現在11車種で、その頂点に位置するR8は世界中で3000台以上をラインオフ。我が国でも昨年だけで97台を販売した。これらのユーザーサポート活動としてドライビングスクール『Audi driving experience』をはじめ、各種イベントを実施している。その中で今年から始まるのが、“夢の第一歩を提供する”チャンスとして、『Audi race experience』というプログラム。

これは『Audi driving experience』の一環として、サーキットトライアルの優勝者1名に、スーパー耐久シリーズのST-TCRにスポット参戦するチャンスが与えられるというものだ。

斎藤徹アウディジャパン社長

アウディジャパンの斎藤徹社長は「自動車は自動化が進んでいきますが、いっぽうでワクワクするものであることを忘れてはいけません。私達はモータースポーツの裾野を広げる活動で、ワクワクを伝えて行きたいと思っております。今年はスーパー耐久で24時間レースが行われるなど、注目は高まっています。モータースポーツは社長の道楽だ、と陰口を言われていたりもしますが、モータースポーツを通じてAudi Sportブランドが高まることを期待しています」と思いを語った。

アウディが今年、我が国のサーキットで、どのような活躍をするのか注目しよう。

フォトギャラリー

アドセンス




アドセンス




-SUPER GT, スーパー耐久, ニュース
-, , , , ,

Copyright© Portrait in CARS , 2018 All Rights Reserved.