ニュース

「次は鈴鹿で会いましょう」トロロッソ・ホンダのファンミーティングは大盛況

投稿日:

広告コード

トロロッソ・ホンダの開幕前ファンミーティングイベント「Red Bull Toro Rosso Honda DAY in TOKYO」が、3月17日(土)六本木ヒルズアリーナで行われ、フランツ・トスト監督とドライバーであるブレンドン・ハートレー、ピエール・ガスリー、そして本田技研工業の山本雅史モータースポーツ部長が登壇。集まった大勢のファンの前で意気込みを語った。

想定していた5倍の来場者が集合!

ホンダとしては初となるパブリックスペースでのファンイベント。しかもF1開幕戦「オーストラリアGP」の一週間前に行われるとあってか、12時頃から配布されたアリーナ入場整理券500枚はあっという間に配布終了。

アリーナを取り囲む階段や通路にまで人が集まるほどの盛況ぶりであった。来場者はホンダの予想を超える2500名(速報値)とのことで、F1人気の高さと、トロロッソ・ホンダに対する期待値の大きさを感じさせた。

レッドブル系のイベントらしく、トークショーが開始前には2020年に行われる東京オリンピックの正式種目であるBMX「フリースタイル パーク」のデモンストレーションが行われ、5人のライダーがベールに覆われたF1マシンの上で技を披露。

繰り出されるトリックプレイの数々に、多くの観客はスマートフォンでその様子を納めていた。

STR13が日本初お披露目!

場が温まったところで、背後にあったコンテナが移動し、ステージ中央に配置すると蓋を取り外してF1マシンがアンベール。その後、ピエール・ガスリーとブレンドン・ハートレーが登場し、会場の興奮は最高潮に。

ガスリーは日本語で「アリガトウ」と挨拶すると、会場からは大きな拍手が。「去年はフランスより長い時間を日本で過ごしました。日本は礼儀正しくて大好きな国です。その日本に戻ってくることができ、そして大きな会場で、皆様からの温かい歓迎を嬉しく思います」と謝辞を述べた。

つづくハートレーも「今年は日本でトロロッソのファンが増えると思います。去年までWECで走り、日本のモータースポーツ熱を肌で感じていました。鈴鹿でみなさんともう一度会えることを楽しみにしています」と日本の印象を話した。

ファンにとって気になるのは、ニューマシンの出来栄えだ。開幕前の8日間、スペインのバルセロナで行われたプレシーズンテストで、トロロッソ・ホンダは前半4日間で10チーム中最多となるマイレージを獲得。課題であった信頼性の高さを実証してみせた。また後半の4日間では速さをみせることができている。ガスリーは「今年の車はより一層速くなっています。場所によっては370km/h近くまで出るでしょう。このマシンは凄く楽しいんですよ」「エンジンがとても扱いやすいんです。これはとても重要なことで、900馬力を超えるパワーはリアのタイヤ2本でしか伝わりませんから」と、マシンとホンダエンジンに対して好感触を得ていることを話した。

トロロッソと共に前進していく

続いてトスト代表と山本部長が登場。トスト代表は日本語で「コンニチワ、キテクレテアリガトウ」と挨拶すると「日本に戻ってきてこれて嬉しいです。日本の文化、食が大好きです」「本当にここに至るまで、栃木にある本田技術研究所 HRD Sakuraがすごくいい仕事をしてくれました。おかげでトロロッソ史上もっとも長い距離を走ることができました。未来に向けて、非常にポジティブだと思っています」と日本とホンダに対する印象を語った。

山本部長も「ホンダとしては昨年まで悔しい思いをしていきました。ですがトスト代表と共に一緒に新しいスタートが切れたことが嬉しく、しかも好調ですから、開幕がとても楽しみです。」「今季はエンジンが3基までしか使えないですが、信頼性とパフォーマンスの向上に向けて少しづつ頑張っています。トロロッソと一緒に前進していきたい。」と抱負を述べた。

「できるかもしれない」は「できない」という意味(笑)

トスト監督はトロロッソがホンダと手を組むにあたり、日本人とのコミュニケーション方法について、スタッフに「Eメールで「できない」と書くと日本人はがっかりするから絶対に書かないように、と教えました。そして日本人から『できるかもしれない』というのは、大抵できないという意味だと理解して欲しい」と言い聞かせたことを披露し、会場の笑いを誘った。山本も「日本とイタリアは歴史や文化が似ていると思います。それにトロロッソの本拠地であるボローニャの料理は美味しいんですよ。これからもより一層コミュニケーションを密にしてきたいと思います」と応戦。

今シーズンの抱負についてトスト監督は「今年のF1は全21レースありますが、私達のいる中段グループの戦いは熾烈なものになります。ホンダはまず信頼性を向上させて私達の期待に応えてくれました。次のステップとしてトロ・ロッソ側の車体の改善が重要になります。後半戦にはより一層マシンが早くなっていると思います。期待して欲しい」「トロロッソというチームは、レースにおける適応力が高いと思っています。エンジニアは去年と同じメンバーですので、戦略面などで上手くいけると自信があります。まずはポイントを取ること、そしてチャンスがあれば表彰台を狙っていきたい」と話すと、山本部長も「昨年の反省を踏まえて、バルセロナのテストではしっかり走ってもらおうと考えていました。奇跡は起きないけれど、一つつづチャレンジしながら、やりつづけることが大事だと思います。だから頑張ってやるしかない」と前向きのコメントが。会場からは拍手が沸き起こった。

鈴鹿サーキットに招待します!

トークショーの後、質問コーナーが行われイベントに参加した女性からの「マシンに名前をつけるとしたら?」と問いかけられた。ガスリーは「ガスモビル」、ハートレーは「つけないよ。でもTwitterで募集したら採用するかも」と返すと、トスト監督から「採用した人は鈴鹿に招待するよ」というビッグサプライズの提案が。

応募はTwitterでチーム@ToroRossoかハートレー@BrendonHartleyのアカウントに「#namethecar」のハッシュタグを添えて、マシン名を添えるだけ。ぜひ奮って応募してみよう。

開幕を目前に控え、新たなパートナーシップを結んだチームは終始、明るい雰囲気を日本のファンの前で漂わせていた。トスト監督の「素晴らしい場所で、皆さんにお会いできたことを凄く嬉しく思います。私はトロロッソ・ホンダが成功すると確信しています。そして最後まで諦めずにプッシュすることを誓います。ガンバリマス。鈴鹿でまたお会いしましょう」との言葉で、開幕直前のファンミーティングは終了した。

イベントは終始なごやかな雰囲気。ホンダ初となるパブリックスペースでのイベントは大盛況のうちに閉幕した。一週間後にせまったオーストラリアGPへの期待が高まると共に、いつまでもトロロッソとホンダの蜜月が続くことを祈らずにはいられない。ちなみに過去、トロロッソは開幕戦で必ずポイントを獲得してきたチーム。果たして今回のオーストラリア戦では何ポイント獲得できるのか、今から楽しみだ。

フォトギャラリー

アドセンス




アドセンス




-ニュース
-, , ,

Copyright© Portrait in CARS , 2018 All Rights Reserved.