ニュース

テスト最終日は、ハートレーがドライブを担当し、トータル156周を走行

投稿日:

広告コード

好天に恵まれ、テストには絶好のコンディションとなったスペインでの第2回F1プレシーズンテストの最終日となる4日目。この日、トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーが走行を担当し、午前9時のテスト開始とともにコースインし、精力的にテストを行った。

ランチブレイク前までのテスト前半、ハートレーは自身のベストラップを更新する1分18秒949をマークし、91周を走行。午後2時からはロングランを中心にテストを重ねていましたが、レースシミュレーションの最終盤、パワーユニットのデータに異常が発覚。分析に時間を要するため、セッション終了2時間ほど前に、チームはテスト終了を決定。ただし、予定していたプログラムはほぼ完了していた。ハートレーはトータルで156周を走行。

この4日間、Red Bull Toro Rosso Hondaは大きなトラブルもほとんどなく、1台のPUのみでトータル498周を走り、多くのテストプログラムを消化。開幕に向けた準備を順調に進めた。2018年シーズン開幕戦は3月23日からオーストラリア・メルボルンで開催される。

ブレンドン・ハートレー

「今日は156周を走りきることができて、いいテストになったと思います。僕はテスト1初日とそして今日の最終日に走行しました。このプレシーズンテストのスタートと締めくくりを担当することができました。大変な作業もありましたが、その苦労も忘れてしまうほどにSTR13の開発が進んだことはとても喜ばしいです。知られていないかもしれませんが、このプロジェクトでは本当にたくさんの人たちがともに戦ってくれています。レースでも、僕たちはとても激しくなると思われる中盤争いで、いい戦いができると思います。現在の自分たちのポジションもある程度わかったことは良かったですし、みなさんが予想していたよりもはるかに有意義な形でテストを終えられたと思います。Hondaとのパートナーシップも強固なものでしたし、今はチームのメンバー全員がポジティブな思いを抱いています。間近に迫ったメルボルンでの開幕戦を、とても楽しみにしています」

ジェームズ・キー|Scuderia Toro Rossoテクニカルディレクター

「ブレンドンによって、今日も多くの走行距離を得られ、いい一日でした。午前中は昨日のガスリー選手と同様、柔らかめのタイヤと軽めの搭載燃料でショートランを繰り返し、午後はレースシミュレーションを行いました。今日もまた、新たなタイヤの特性を学ぶことができましたし、マシンセットアップの面では昨日学んだことを今日も確認しました。それにより方向性は間違っていないことがわかりましたが、開幕戦を迎えるにあたり解析するべき課題はまだ残っています。
この2週間のテスト期間中、素晴らしい仕事をしてくれたHondaの仲間たちに感謝しています。テスト2の期間中は、1つのエンジンで走行していましたが、ほぼ問題なく機能してくれました。ただ、今日のテスト終盤に小さなトラブルがあり、リスクを避けるために走行終了を決断しました。テストプログラムはほぼ完了していたので問題はありませんでしたが、今後Hondaとともに問題解決に努めていきたいと思います。しかし、そのほかはほぼ問題なく終了することができました。この2週間、マシンの改善・開発をサポートしてくれたHondaにとても感謝しています。これにて2018年度のプレシーズンテストは終了となりましたが、この2週間は忙しくも充実した時間となり、あっという間に過ぎていきました。今シーズンの開幕がとても楽しみです!1年以上も前から始まったSTR13の開発は、そろそろ最終段階を迎えようとしています。次のフェーズは、レースで戦い、マシンを進化させていくことです。数週間後にメルボルンから始まる新たなるシーズンを楽しみにしています」

フランツ・トスト|Scuderia Toro Rossoチーム代表

「先週のテストは天候に恵まれませんでしたが、テスト2では好転し、気温は20℃、路面温度も37℃前後のという絶好のコンディションの下で、走行することができました。これによって、チームはマシンやタイヤ、セットアップについて多くを学べたと思います。願わくは、テストは(天候の問題が少ない)バーレーンでできればいいですね。
私たちにとって、強力なエンジンマニュファクチャラーであるHondaとの関係は、今季の新しいマシンを開発し向上させていく上で間違いなくとても重要です。今回は互いに協力しながら、問題も改善してこられたのではないでしょうか。ここバルセロナでの2回のプレシーズンテストを終え、8日間で3826kmを走りきれたことにとても満足しています。テストができたのは悪天候により実質7日間でしたが、それを考慮しても良い結果になりました。スピードと信頼性において、問題なく走ることができたのは素晴らしいと思います。Hondaの素晴らしい仕事とともに、私たちチーム側もドライバー達が扱いやすいマシンを作り上げるという、素晴らしい活躍を見せてくれました。ブレンドンとピエールは、テスト期間中、有効なかつ的確なフィードバックをしてくれたので、メルボルンでの開幕戦に向けそれらを解析している段階です。まだまだやることはたくさんあるので、ポジティブにかつ慎重に進めていきたいと思います!
ここまでいい仕事ができており、Honda、チーム、そしてドライバーたちにとても感謝しています。そして、いよいよシーズンが始まります!」

田辺豊治  Honda F1 テクニカルディレクター

「今日は、昨日のガスリー選手とほぼ同じプログラムでハートレー選手が156周を走行しました。それぞれの選手がレースシミュレーションを終了することができたのは大きな成果だと思います。
テスト2では、1台のPUを継続して使用してきました。本日終盤にデータの異常が発生し、そのままテスト終了になったことは大変残念です。ただし、ウインターテスト全体で考えると、多くのテストを行い、有用なデータを収集することができました。また、今回初めて8日間のサーキットオペレーションをToro Rossoと一緒に行いました。互いにオープンで率直なコミュニケーションが取れており、チームとしていい形で機能しています。
まだシーズン前のテストが終わっただけの段階ですが、理想的なスタートを切ることができました。2人のドライバー、そしてToro Rossoとメルボルンで開幕戦を迎えることが非常に楽しみです」

アドセンス




アドセンス




-ニュース
-, , ,

Copyright© Portrait in CARS , 2018 All Rights Reserved.