スーパー耐久

スーパー耐久プレシーズンテスト2回目、D’STATIONがトップタイムを記録

更新日:

広告コード

ピレリスーパー耐久シリーズ2018のプレシーズンテストが3月3日(土)、静岡県・富士スピードウェイで開催され、13時から14時に行われた公式テスト2でD’Station RacingのポルシェGT3Rがトップタイムをマークした。

今までとは全く異なるピレリタイヤ

好天に恵まれた富士スピードウェイは、午後も過ごしやすい陽気。しかし想定していた路面温度とは異なるようで、チームによっては「テストにならない」という声も。

また今季からタイヤサプライヤーが横浜ゴムからピレリへと変更されたことについては「今までとはかなりことなり、コンスタントなタイムは出るけれど、一発が出にくい」という声が聞こえた。

その中で、最上位ST-XクラスにポルシェGT3Rを投入するD’Station Racingは、午前中5番手時計だった1分41秒413から1分40秒702へとタイムを更新。テスト2のトップタイムを叩き出した。

2番手には今シーズンから投入されたニューマシンAudi R8 LMSの83号車3番手に午前中3番時計だったGTNET MOTOR SPORTSのNISSAN GT-R nismo GT3が入った。

15時からはテスト3が行われる予定だ。

アドセンス




アドセンス




-スーパー耐久
-, , , , , ,

Copyright© Portrait in CARS , 2018 All Rights Reserved.