ニュース

F1プレシーズンテスト3日目は降雪!トロロッソ・ホンダはハートレーが2周のみで終了

投稿日:

広告コード

スペイン・バルセロナでのF1プレシーズンテスト3日目、前日に降り始めた雪は、未明から朝にかけてその強さを増し、同地ではとても稀な積雪状態。除雪やコースコンディションの整備のため、予定の午前9時には開始されず、セッション開始は正午。その後も、雪は雨に変わったものの気温は上がらず、テストを実施するには厳しいコンディションが続いた。トロロッソ・ホンダは、走行の準備をして、コンディション回復を待つも好転せず。午後4時前に3日目のテストを担当するブレンドン・ハートレーがピットアウトするも1周してピットに戻り、午後5時40分に再度コースインし1周を走行。結局、テスト3日目はこの2周のみの走行となった。

ブレンドン・ハートレー

「再舗装されて滑りやすい路面の影響と、このような低温のコンディションでは、十分にグリップを得られる温度までタイヤを温めることはほとんどできませんでした。今日はメルボルンへ向けた準備として2~3の項目を試しましたが、いくつか新しいパーツを投入できたことはよかったと思います。また、レース時にグリッドにつくまでの作業フローの確認や、ステアリングホイール交換の練習などを行い、有用なデータを得ることもできました。ドライコンディションでの走行ができなかったのは残念ですが、きっと次回のテストで実現すると思っています。ここまで、ドライバビリティーは素晴らしく、信頼性にも問題なくきていますので、いいスタートが切れていると感じます」

アドセンス




アドセンス




-ニュース
-, , ,

Copyright© Portrait in CARS , 2018 All Rights Reserved.