スーパーフォーミュラ

灼熱の中で波乱続出。SF第3戦富士は石浦が勝利

更新日:

広告コード

7月9日(日)、日本最速決定戦といえる全日本スーパーフォーミュラ選手権の第3戦が富士スピードェイにて行われ、石浦宏明(P.MU/CERUMO・INGING)が今季初優勝を飾り、ポイントランキングのトップに浮上した。

なお、2位にフェリックス・ローゼンクヴィスト(SUNOCO TEAM LEMANS)、

3位にアンドレ・ロッテラー(VANTELIN TEAM TOM’S)がそれぞれ入賞した。

 

灼熱の高速バトル!相次ぐ波乱のレース

55周で争われる決勝レース。富士スピードウェイはスタート時で気温34度、路面温度48度という酷暑日のような暑さであった。ポールポジションの国本雄資がスタートから後続を引き離す。

10周を終えた段階で国本は2位と6秒近い差が付き独走状態。いっぽうチームメイトで予選2位の石浦はスタートに失敗して4位へ転落する。

給油義務あり/タイヤ交換義務なしというレギュレーションで行われたこのレース。タイヤ交換の有無でピット時間が大きく変わる。まず動き出したのは、ポイントランキングトップのアンドレ・ロッテラー(VANTELIN TEAM TOM’S)。前日の予選が赤旗の影響で12番手スタートとなったロッテラーは、タイヤ無交換を選択。その後、猛プッシュで順位を上げてゆく。

国本雄資にトラブルが襲う

てトップを快走していた国本だが、31週目にタイヤ交換と給油しピットを出るものの、スピードが上がらず。

国本は右フロントサスペンションに異変を感じ、翌週に再度ピットインすることに、その後、国本はリタイアに終わった。不幸はさらに小林可夢偉も伝搬。43週目に給油のみピットインしたもののエンジンがリスタートせず大きく順位を落とした。

いっぽう石浦宏明は、上位勢が続々ピットストップして視界が開いた頃からペースアップを開始。

33週目でピットストップ。タイヤを4本交換し給油をするフルサービスを13秒で終え、そのままノントラブルでチェッカーフラッグを受けた。

優勝した石浦は「今シーズン、早いうちに勝っておかないとシリーズ争いも厳しくなるだろうと思っていた。今回勝ちたいとは思っていたが、予選から流れは(チームメイトの)国本選手のほうにあって、決勝でも自分のスタートの失敗から、一瞬ちょっと勝つのは難しいかと思った。チームメイトに不運があったものの、自分としては展開に恵まれて、プッシュしているところも見ている方に伝わったと思うし、それだけ必死に精一杯走った結果、この優勝に繋がった。速いクルマを用意してくれたチームと自分もがんばったつもりなので、今日は自分の力を出し切れたという意味ですごくスッキリしている。」と語った。 スーパーフォーミュラの次戦は8月20日(日)、ツインリンクもてぎで決勝レースが行われる。

アドセンス




アドセンス




-スーパーフォーミュラ
-

Copyright© Portrait in CARS , 2018 All Rights Reserved.