スーパーフォーミュラ

「大丈夫です。持ちません」SFの夏ラウンドにソフトタイヤ投入

更新日:

広告コード

全日本スーパーフォーミュラ選手権第3戦「富士大会」の会場にて、運営団体である日本レースプロモーション(JRP)の倉下明社長と、スーパーフォーミュラにタイヤを独占供給している横浜ゴム開発本部の渡辺晋プランニングジェネラルマネージャーが、第4戦もてぎ戦だけでなく、第5戦オートポリス戦と合わせて2戦連続で2スペックタイヤを導入することを発表した。

喜んでもらえるレース展開を提供したくて導入

昨年のスーパーフォーミュラ第4戦ツインリンクもてぎで、シリーズとして初めて導入された2スペックタイヤ。会見の冒頭、倉下明社長は「多くの方やファンの皆様に、喜んでもらえるレース展開を提供したくて導入します」と語り、その後マイクを渡された渡辺氏が昨年と異なるソフトタイヤについて説明した。

「ソフトタイヤの構造は現在のミディアムと同じですが、ライフはタレではなく摩耗でコントロールする方向で、主にゴムの質を変える方向で開発を進めています。先日のSUGOでテストしたソフトタイヤをベースに合わせこんで、(今回の富士戦後)7月のオートポリステストで最終確認して量産に入るスケジュールです」と話をした。 そして「今年のソフトタイヤは1レースもたない仕様を目指しています」とし「SUGOでテストした時のライフは150km程度で、ミディアムタイヤより、コンマ5秒〜コンマ8秒速いタイムで周回しました。タイヤ負荷の少ないツインリンクもてぎでは、ある程度もってしまうかもしれない」と話を続けた。

「1レースもたないタイヤが求められている。求められるなら、それを供給する。ドライバーからは、グリップはあるけれど、摩耗して最後にズルっときた、という話を得ている」と狙い通りのタイヤを作っていることをアピールした。

ソフトタイヤの外観的特徴として、横に赤いラインをつけるとのこと。今年は赤いラインを太くするので、よりわかりやすくなるとのこと。またオンボード上で見れるように、内周にも赤いラインが入る。

アドセンス




アドセンス




-スーパーフォーミュラ
-,

Copyright© Portrait in CARS , 2018 All Rights Reserved.