SUPER GT

SUPER GT最終戦でNISMOが今季初勝利

更新日:

広告コード

2017年シーズン最終戦となるSUPER GT第8戦が11月12日(日)、栃木県・ツインリンクもてぎで行われ、GT500はポールポジションからスタートしたMOTUL AUTECH GT-Rが最終戦で今季初優勝。2番手に入ったKeePer TOM’S LC500がシリーズチャンピオンに輝いた。

DTMマシンがデモラン

朝から快晴となったこの日のツインリンクもてぎ。サーキットには多くのファンが来場し大いに賑わいをみせていた。自衛隊松島基地のF-2戦闘機によるフライト、

そしてアウディ、BMW、メルセデスAMGのDTM(ドイチェ・トゥーレンヴァーゲン・マスターズ)のマシン3台によるデモラン、

さらにDTM代表で元F1ドライバーのゲルハルト・ベルガーの来場するなど、レース開始前から会場のムードは最高潮。

スタート前に接触という波乱!

ポールポジションは、予選で2番手にコンマ9秒という大差を付けたMOTUL GT-R。

その2番手にはWAKO’S 4CR LC500、

3番グリッドにランキングトップのKeePerという順。チャンピオンシップ争いをするチームが上位を占めた格好だ。

栃木県警の白バイやパトカー、そしてDTMの先導によるパレードラン、フォーメーションラップを終えてスタートを迎えようとした瞬間、最終コーナーでMOTUL GT-Rの左リアとWAKO’の右フロントが接触!

パーツが大きく破損してしまう。グリーンシグナルとなりレーススタートとなった。

WAKO’Sがチャンピオン争いから脱落!

しかし、右フロントを破損した2番手WAKO’Sはペースを上げることができない。

4周目には3番手KeePerに1コーナーでかわされ、

5周目には36号車のau TOM’S LC500にS字でオーバーテイクを許し、

6周目にはS Road CRAFTSPORTS GT-Rにパスされてしまう。さらにWAKO'Sは、

フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-Rと接触しスピン。フォーラムエンジニアリングもサンドトラップに飛び出し、2台ともに最後方へと順位を大きく下げてしまう。これによってWAKO'Sのタイトル獲得は消失。

MOTUL GT-Rが差を広げていく……

トップのMOTUL GT-Rは順調に周回を重ね、2番手KeePerとの差を広げていく。22周目でのギャップは約4秒。

先に2番手のKeePerが先にピットインし、ニック・キャシディから平川亮へハンドルをつなげた。MOTUL GT-Rは25週目にピットイン。ロニー・クインタレッリから松田次生へ交代しトップでコースに戻る。

MOTUL GT-RとKeePerのギャップはさらに広がり、34周目には約12秒へと拡大。しかしKeePerは2位でもタイトルが決定するため、無理をせずに周回を重ねていく。後方では

38周目に4番手RAYBRIGと5番手KEIHINというNSX-GT勢によるバトルが勃発し、KEIHINが前へ。

ニッサン陣営として今シーズン初優勝

トップ争いは残り10周でMOTUL GT-RとKeePerのギャップは12秒のまま。しかしその後、序々に2台の差は縮まっていくものの、MOTUL GT-Rは終始安定したペースでゴール。ニッサン陣営として今シーズン初、ニスモとしても2016年の第2戦富士以来の優勝を果たした。

そして2位を守り抜いたKeePerがドライバーズタイトルを獲得。平川亮、ニック・キャシディの23歳コンビにとって、SUPER GTでは初となるタイトルを獲得した。以下、ZENT、KEIHIN、RAYBRIG、SRoadの順。

松田「2ポイント及ばなかった」

勝った松田次生は「チャンピオンを目指し『もてぎ』入りして、予選でポールポジションポイントの1点を取り、今日は勝ってどうなるかという形でした。最終的には2点及びませんでした」と悔しさを滲ませながらも、「開幕戦はレクサスがトップ6を独占し、タイム的にも予選で1秒以上のギャップがありました。新しい空力規則となり、テストから本調子ではありませんでしたが、チームが精力的に開発を進め、僕たちもクルマとタイヤを合わせ込むことができ、

 

その集大成として優勝できました」と締めくくった。

 

アドセンス




アドセンス




-SUPER GT
-, , ,

Copyright© Portrait in CARS , 2018 All Rights Reserved.