レビュー

激ウマ必食!筑波サーキットの名物料理「もつ定食」

更新日:

広告コード

タイムアタックの聖地「筑波サーキット」のパドック内にある「ドライバーズサロン」。

良心的な価格でカレーやうどん、コロッケ定食など「がっつり系」のメニューを提供するこのレストランに、レース関係者の間で知らぬ者はいない名物料理がある。

「もつ定」の愛称で親しまれる激ウマ定食

その名は「もつ定食」(750円)。「もつ定」の愛称で親しまれているこのメニュー。注文して食券を受け取り、待つこと約5分。出て来るのは大盛りご飯と味噌汁、香物、そしてたっぷりのモツ煮だ。

丁寧な下処理と3時間かけて煮込んだ至極の「もつ煮」

3時間かけて煮込んだというモツはトロトロで柔らか。味は白味噌で整えられて、あっさりサッパリ。丁寧に下処理をしているためか、臭みはない。寒い日はもちろんのこと、さっぱりしているので、夏の暑い日でも美味しくたべることができる。

そしてカウンターにある「七味唐辛子」が味に変化をつける。店主自らが調合したというこの七味。ほんの少しかけると柚子の香りとホットな辛さが旨さを加速させる。

ただしあまりに辛いので、量には要注意だ。 店主に「いつ頃から提供しているのですか?」と尋ねたところ「忘れた」と一言。いつの頃から提供しているのかは定かではないが、多くのドライバーやメカニック、そして観客達に長年愛され続けているのは確かだ。 そのまま食べるもよし、ご飯にかけて「もつ丼」にするもよし。筑波サーキットに訪れた際は、ぜひ食べてみてはいかが。

アドセンス




アドセンス




-レビュー
-, , ,

Copyright© Portrait in CARS , 2018 All Rights Reserved.