ニュース

WTCC名物「MAC3」地元でホンダ今季2勝目

更新日:

広告コード

WTCC日本ラウンドの予選終了後、今年からWTCCで開始された世界唯一の団体タイムアタックMAC3が行われ、ホンダが今季2勝目を獲得した。

モータースポーツの「チーム・タイムトライアル」

MAC3とは、マニュファクチャラー・アゲンスト・ザ・クロック」の略。予選後各マニュファクチャラーから3台が選抜され、給油とニュータイヤを装着し、一斉にスタート。

 

2周の合計タイムを競い、上位からマニュファクチャラーポイントが加算される。自転車レースのチームタイムトライアルをイメージするとわかりやすいだろう。

ボルボVSホンダの一騎打ち!

このMAC3にはWTCCにワークス体制で参戦するホンダとボルボがエントリー。まずはホンダ勢がタイムアタックを行った。予選トップ通過のノルベルト・ミケリスが隊列を引っ張っていく。

2番目には今回ティアゴ・モンテイロの代役としてホンダ入りしたエステバン・グエリエリ、3番手には道上龍が続く。 ハイペースで飛ばすミケリスに、グエリエリは好ペースで食らいついていく。

道上はグエリエリから少し遅れて走行。ホンダのタイムは4分25秒354。

ボルボ勢は、予選で2番時計を叩き出したのニッキー・キャッツバーグが先頭。ネストール・ジロラミが2番手、3番手にテッド・ビョークが続く。 キャッツバーグは飛ばしていくものの、ジロラミはこれについていくことができず1周目を終えた段階で、ホンダ勢からは1.5秒のビハインド。

この遅れは詰まることなく、ボルボ勢はホンダ勢から2.536秒遅れでフィニッシュした。 ホンダはマニュファクチャラーズポイント12を獲得、ボルボは8ポイントを得た。

アドセンス




アドセンス




-ニュース
-, , ,

Copyright© Portrait in CARS , 2018 All Rights Reserved.