ニュース

東京モーターショーで来年発売予定のホットハッチをチェック

投稿日:

広告コード

コンセプトカーやEV車が数多く展示されている今回の東京モーターショー。いっぽうで注目なのは、手頃な価格でスポーツ走行が楽しめるホットハッチの復権だ。今後発売が予定されているホットハッチをご紹介!

トヨタ/ヴィッツGRMN

トヨタの新スポーツカーブランド「GR」から2018年春の発売を予定している「ヴィッツGRMN」。スーパーチャージャーを組み合わせた1.8リットル4気筒エンジンはなんと最大出力210PS以上の強心臓を搭載。その他、専用フロントスポーツシート、ザックス製ショックアブソーバー、ブレース追加、専用メーター、BBS軽量鍛造ホイール、小径ステアリングホイール、そしてLSDなど徹底的にチューニングが施されている。

注目は日本では発売どころか生産もされていない3ドアタイプのボディ。なんとフランス工場で作られる欧州仕様のヤリスがベースとなっているのだ。ヤリスといえば、現在WRCで活躍する車両。ブースではWRCマシンが展示し直系であることをアピールしていた。気になる車両重量は1140kgと軽量。価格は400万円を予定している。

フォルクスワーゲン/UP! GTi

 

フォルクスワーゲンの最小モデルUP!に、同社スポーツモデル「GTi」のエンブレムを冠したホットハッチが2018年に登場予定。

フロントグリルの赤いストライプやチェック柄のシートなど、GTi定番の装飾を内外装が施された3ドアボディに、115馬力を発生する1リットル3気筒ターボエンジンと6速マニュアルトランスミッションからなるパワートレインを搭載。サスペンションはベースモデルに比べて15ミリほどダウンされ、小気味良い走りが楽しめそうだ。価格は200万円台前半を予定しており、進化しすぎたポロGTiはちょっと……という人には魅力的な選択肢になりそうだ。

日産/LEAF NISMO Concept

今年9月にフルモデルチェンジした新型「日産リーフ」をベースに、ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(NISMO)による手が加えられたスポーツモデルが登場予定。NISMOがレース活動で培ったノウハウを投入して開発された専用エクステリアは迫力満点!空気抵抗値を悪化させることなく高速走行時のリフト量を低減する効果があるという。

専用サスペンションによる足回りはもちろんのこと、コンピューターチューニングにより瞬発力のある加速が楽しめるとのこと。環境性能ばかりが強調されがちな電気自動車(EV)であるが、加速をはじめとする電気自動車らしい走りの魅力を突き詰めた1台になりそうだ。価格は未定。

ルノー/メガーヌR.S.

ルノーのメガーヌといえば、ホンダのCIVIC TYPE Rと共に「ニュルブルクリンク北コースのFF最速」を争う1台。先月日本導入が始まったばかりの新型メガーヌにもR.S.モデルが用意される。日本発売は2018年中頃、価格は400万円台。四輪操舵システムによりコーナーリング性能を大幅に高めたメガーヌをベースに、280馬力を発生する新開発の直列4気筒1.8Lターボエンジンを搭載。

トランスミッションは6速EDC(DCT)と6速MTの2種類を用意する。ボディにも手が加えられ、60ミリ拡大されたオーバーフェンダーとリアのディフューザーは迫力十分。フレンチホットハッチの最右翼がどのような走りをするのか、今から楽しみだ。

アドセンス




アドセンス




-ニュース
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© Portrait in CARS , 2018 All Rights Reserved.