スーパーフォーミュラ

スーパーフォーミュラ、2019年より新型車両『SF19』を導入

投稿日:

広告コード

スーパーフォーミュラの運営団体である日本レースプロモーションは、2019年より新型車両『SF19』を導入」することを発表した。 マシンの設計・製作は、現行の『SF14』に引き続きダラーラ アウトモビリ社が担当、より高い安全基準に適応しつつ、SUPER FORMULAシリーズの魅力を向上させるマシンを目指して開発を進めるとしている。

■ 導入の背景

現行の『SF14』は、2018年シーズンでリリースから5年が経過いたします。現在F1をはじめフォーミュラマシンの安全基準が年々変化していることへの対応、さらに、より洗練された空力性能、そしてオーバーテイクをより可能とすることが求められています。これらに対処し、SUPER FORMULAが世界に誇れるフォーミュラカーレースとしてのクオリティを保つため、新型車両の導入が必要と判断いたしました。

■ コンセプト

「Quick & Light」=SF14のコンセプトを継続し、より進化させていきます。 俊敏で軽快なSF14の導入によって、シリーズの魅力が大きく向上したことを受け、『SF19』 は、その方向性をより追求したマシンとなります。さらに、SUPER FORMULAにとって非常に重要な要素である「ドライバー同士の競い合い」をより際立たせるため、「他車との接近時のコントロール性」を空力の見直しによって改善し、シリーズとしての「エンターテイメント性」と「競技性」の両立を目指します。

■ 車両について

シャシー : ダラーラSF19 ※詳しい諸元は未定

エンジン : NRE(2Lターボエンジン/燃料流量制限/OTS搭載) タイヤ   : ヨコハマタイヤ製 13インチタイヤ

■ 今後の開発スケジュール

2018年

6月/テスト車両完成

7月/走行テスト開始

10月/最終仕様の確定・量産開始

2019年 1月/各チームへのデリバリー

アドセンス




アドセンス




-スーパーフォーミュラ
-, ,

Copyright© Portrait in CARS , 2018 All Rights Reserved.