ニュース

トヨタ自動車がスポーツカーブランド「GR」を発表。将来はGR独自開発のスーパーカーが登場?

投稿日:

広告コード

9月19日、トヨタ自動車は東京・お台場にある“クルマのテーマパーク”MEGAWEBにて、モータースポーツチーム「TOYOTA GAZOO Racing(以下TGR)」のノウハウを市販車に注入したスポーツモデルを開発・販売するために新組織「GAZOO Racing COMPANY(略GRC)」を設立、そして新ブランド「GR」を発表しました。(COMPANYとなるが、経営的な会社組織ではなく、トヨタ自動車社内で独立したバーチャルカンパニーである)

全11台!GRMN Vitzはプロドライバーが認めるじゃじゃ馬

発表会は立ち見エリアも一杯になるほどのメディア・トヨタ関係者で埋め尽くされる中、GAZOO Racing COMPNY President 友山 茂樹氏の挨拶から始まり、「GAZOO」の成り立ち(まだインターネットが普及していない中での専用端末での中古車検索システム。画像でお気に入りの1台を見つけられる、つまり画像➡GAZOOとなった)から新組織に課せられた使命「世界に通用するスポーツカーを商品として世に出す。新しい仕事のやり方に果敢に挑戦し、トヨタの変革をも促す永続的なモータースポーツ活動」を紹介しました。

そして...

GRのバッジを与えられた全11台のニューカーがアンベールされました。

・GRMN Vitz

・GR Vitz/86

・GR SPORT Vitz/AQUA/NOAH/MARK X/HARRIER/VOXY/PRIUS PHV/PRIUS α

GRブランドには3つのスタイルがあります。

「究極のスポーツモデル」“GRMN”:ボディ・エアロ・足回りにとどまらず、エンジンにもGAZOO Racingのノウハウが注入された完全限定生産モデル。

「本格スポーツモデル」“GR”:ベースモデルを良さをこだわりのチューニングで追求したモデル。チューニング箇所はボディ・足回り・駆動系に及ぶ

「エントリースポーツモデル」“GR SPORTS”:普段のライフスタイルの中で非日常的な華やかさを纏う。チューニング箇所は専用サスペンション、スポーツエアロ、GRのコンセプトをイメージしたスポーティなインテリアとなります。

GR/GR SPORTラインナップはカタログモデルとしてベースモデル取り扱いディーラーにて通常販売されます(GR 86/GR SPORT AQUA/GR SPORT PRIUS αは今冬発売予定)

GRフラグシップモデルとなる「GRMN Vitz」の購入&アフターサービス、GRファン・オーナーの交流の場として新ディーラーチャネルとして「GR Garage」を全国39店舗に展開することを発表しました。
GRモデルの試乗からGRブランドのパーツの装着、モータースポーツ参加のサポート窓口として機能する場となります。

また同様の活動を欧州でも展開していくことをアナウンスしました。(北米ではTRD USAがその役割を今まで通り担う)

友山GRCプレジデントは、会見の中で「将来的にはGRC独自のモデルを」という発言を。つい最近までドイツで行われていた世界最大のモーターショー・フランクフルトモーターショーにて独・メルセデス・ベンツ社のハイパフォーマンスモデルを開発しているAMGがF1テクノロジーをほぼそのまま使ったハイパーカー「AMG Project ONE」を発表したばかり。かつてはル・マン、F1で争っただけにそれを意識した発言だったのか、今後に期待が持てる一言であったことは間違いないです。

“モリゾウ”選手がサプライズ登場!来年のル・マンは・・・?

新車発表後、GRCの活動を支える友山プレジデント、開発陣、WECやSUPER GTで活躍しているTGRのドライバーを交えたトークショーが開かれました。一問一答の形式でトークショーが進み、TGRの“裏”エースドライバーとも言える「モリゾウ」選手について問われ、各人がボードに答えを書いて発表した直後に“モリゾウ”こと豊田章男社長がにこやかにサプライズ登場!

一瞬場の空気がキュッと締まったように思えましたが、モリゾウ選手は終始笑顔でGRメンバーの自分に対する思いに耳を傾けていました。

そもそもGAZOO自体が豊田章男社長が立ち上げた事業だけに今回の新組織・GRCには並々ならぬ思いが詰まっていました。自身がプロドライバーとしても活動しているので「走る楽しみ」を若者を中心に伝播していきたいと同時に、移動手段としてのクルマの価値を高めるというダブルスタンダードをGRに課しています。

残念ながら、クルマという製品そのもの魅力低下以上にそれを取り巻く環境、免許・税金・法整備等々。現在の日本経済の状況からするとクルマを生活の一部に取り入れるというのが困難な時代であることは否めません。

しかしそれでも、豊田章男社長はこのミッションに果敢に挑戦していきます。

この動きがライバルメーカーへの刺激となり、日本におけるクルマの価値が良い方向に向かうことを願ってやみません。

会見後、豊田章男社長と友山GRCプレジデントの囲み取材の中で、ポルシェの電撃撤退で注目を集めているTGRのル・マンシリーズの2018年以降の活動について「今年のル・マンでは、トヨタ、ポルシェとも24時間をしっかりと走り切れたクルマはいない。できれば今度はしっかり走りきりたいとは思っています(豊田章男社長)」と参戦継続の方向であることを明かしていました。

しかし、来年以降LMP1車両規定が変則的に変更される模様でその詳細もはっきりしていない以上、まだ100%とは言えない感じです。

終了後、MEGAWEBの試運転コース「ライドワン」にてモリゾウ選手によるラリー仕様86デモランが行われました!

(クルマライター・クリハラジュン)

写真ギャラリー

アドセンス




アドセンス




-ニュース
-, , ,

Copyright© Portrait in CARS , 2018 All Rights Reserved.