ニュース

アストンマーティン・レッドブル・レーシング誕生!デザインセンターを新設し未来のスポーツカー制作やF1に取り組む

投稿日:

広告コード

英国の自動車メーカー「アストンマーティン」とレッドブル・レーシングは、従来からの業務提携をさらに強化。2018年からF1チーム名を「アストンマーティン・レッドブル・レーシング」とすることを発表した。

レッドブル・レーシング内に110名規模のデザインセンターを新設

両社は、すでに完売となった高級ハイパーカーValkyrie(ヴァルキリー)で成果を挙げている。

その成功を持続可能とするべく、年末までにレッドブル・レーシングの本拠地にアドバンスド・テクノロジー・センター」を開設。アストン・マーティンにとって2番目となるデザインセンターとなるそこでは、約110人の新しいエンジニアを雇用し、未来のスポーツカー制作やF1に取り組むという。

アストンマーチンの会長兼CEOのアンディ・パーマーと、レッドブル・・レーシング代表のクリスチャン・ホーナー

レッドブル・レーシング・チーム代表のクリスチャン・ホーナーは、「アストンマーティンとの革新的パートナーシップは、最初の日から先駆的なプロジェクトのひとつになりました。私たちは2016年に、Valkyrieを共同で企画、開発して大きな成功を収めることができました。今年、私たちは協力関係をさらに深めて、2018年には、アストンマーティン・レッドブル・レーシングというチーム名の下でF1レースを戦うことも決定しました。さらに、ここミルトン・キーンズに新設するアドバンスド・パフォーマンス・センターでは、100人を超えるアストンマーティンのスタッフが働くことになります。それにより私たちは、協力関係をさらに緊密なものにして、特別で革新的なニューモデルの開発プロジェクトを推進できるようになるでしょう」とのコメントを発表した。

2018年以降、アストンマーティン・レッドブル・レーシングが生み出すプロダクトに目が離せそうにない。

アドセンス




アドセンス




-ニュース
-, , ,

Copyright© Portrait in CARS , 2018 All Rights Reserved.