ニュース レビュー

最新レースゲームを東京ゲームショウ2017でチェック!

投稿日:

広告コード

新作ゲームタイトルが試遊できる東京ゲームショウ2017。もちろんその中にはレースシュミレーションゲームが含まれる。そこで注目のタイトルを幾つか紹介。ゲームショウの会場で遊ぶのはもちろんのこと、自宅でも楽しんでみて欲しい。

GT SPORT

10月17日発売する待望のGT SPORT。プレイステーションブースでは、数多くの試遊台を用意していた。GT SPORTは大人気ゲーム「Gran Turismo」シリーズから登場する待望の新作。

流麗なグラフィックに目が奪われるが、それよりもマシンの挙動がより一層リアルになり、なんと上達すればFIAライセンス(デジタルライセンス)が取得できるという。

会場には数多くの試遊台が用意されているが、その中に1台、PLAYSTATION VRで体験できるものを発見。しかも椅子まで動くという、まさに「シュミレーター」とそのものなのだ!

さらにこの試遊台。よく見るとハンドルコントローラーがThrustmasterの新作「T-GT Force Feedback Racing Wheel for PS4」!

よりリニアなフォースフィードバックはもちろんのこと、ゲームで使用するブレーキバランスの調整などがハンドル操作でできるというから驚き。このハンコン、残念ながら他の試遊台には備えられておらず、そして会場の中で触れることができるのは、このVR筐体のみ! ちなみにGT SPORT対応をうたう「T-GT Force Feedback Racing Wheel for PS4」のお値段は102,600円(税込)で初回出荷分はすでに完売している。

さて肝心のゲームであるが、試遊台では13種類のコースから自由に選択でき、約7分ほど遊ぶことが可能。VRの場合は着脱の時間も入れると約15分ほどだ。ぜひ最新のリアルシュミレーターを会場で体験して欲しい。

綺麗なお姉さんがアテンドしてくれるので、こちらもチェックだ!

WRC7

11月16日に発売予定のラリー系ゲームの注目作WRC7。WRCに今年復帰したトヨタのヤリスWRCが登場することでも話題のリアルシュミレーションゲームだ!

会場ではラリー・フィンランド(旧称1000湖ラリー)のうち、数十メートルも飛ぶビッグジャンプが有名なスペシャルステージ「ウニンポウヤ」の試遊が楽しめる。

Thrustmasterが取り付けられたプレイシートに座ると気分はラリーカーのドライバー。リアルな挙動をぜひ楽しんで欲しい。プレイ時間はステージ完走まで遊べるので、思う存分楽しんで欲しい。

PROJECT CARS2

HPのブースではゲーミングPC「OMEN」を訴求。

キュービック筐体を見た瞬間「これ本当にパソコン?」と思うこと間違いナシだ。ハイスペックPCで遊べるのは9月22日発売のバンダイナムコの新作レースゲーム「PROJECT CARS2」。

バンダイナムコのブースに試遊台はなく、HPのブースでのみ体験できる。Thustmasterとプレイシート、そしてワイドな曲面ディスプレイでこのゲームを思いっきり楽しもう!

Forza Motorsport 7

ゲーミングPCの代名詞DELLのALIENWARE。

数多くの試遊台を用意する中、注目はForza Motorsport 7。リアルな挙動はもちろんのこと、2018 Porsche 911 GT2 RS」のワールドプレミアをE3 2017のマイクロソフトプレスカンファレンスのこのゲーム内で行ったことでも話題になったことが記憶に新しいタイトルだ。3台用意されている試遊台のうち、Thustmasterとプレイシートを備えたものは1台のみ。

ゲームは2017年シーズンのSUPER GTのGT500クラスで現在ポイントランキングトップのMOTUL AUTECH GT-Rを特設コースで2周回るというもの。途中で雨が降ってくるので、荒天時と雨天時の挙動変化が楽しめるぞ。

どれも注目すべきタイトルばかり。最新ハードで遊ぶ最新レーシングゲームは驚く事間違いナシ!会場で体験してみてはいかが。

 

アドセンス




アドセンス




-ニュース, レビュー
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© Portrait in CARS , 2018 All Rights Reserved.