ニュース

大荒れのシンガポールGPでマクラーレン・ホンダ7位入賞

更新日:

広告コード

今季限りで解消するMcLaren-Honda。期待されたシンガポールGPにおいて、ストフェル・バンドーンは7位で入賞し、ワールドチャンピオンシップポイント6点を獲得した。

スタート直前の雨で波乱!

レースは雨が降る中スタートし、それが引き金となって1コーナーでアクシデントが発生。その結果、すばらしいスタートを切ったフェルナンド・アロンソは、マシンに大きな損傷を負うことに。その後、2周は果敢な走りをみせていたものの、マシンの損傷がレースを続行できないほど深刻であったため、アロンソは8周目でのリタイアを余儀なくされた。 一方のバンドーンは、1周目のクラッシュに巻き込まれないよう避けて通過しながらも、トップ10圏内のポジションを維持することに成功。そして、コンディションがウエットであろうとドライであろうと、コース上で常に競争力のある走りをし、27周目のピットストップで出遅れるまでは、6番手のポジションを奪いにいく勢いだった。

フェルナンド・アロンソ(8番手スタート、決勝DNF)

「スタートはすばらしかったです。いいスタートを決め、何台かのマシンを抜いて3番手に浮上しました。ただ、それ以降は、自分のいた場所とタイミングが悪かったです。イン側でなにが起こっているのかを把握しておらず、分かっていたのは1コーナーで何台かのマシンがクラッシュして、そのまま私のマシンにぶつかったということだけでした。あの状況では、なにもできることはありませんでした。残念ながら、マシンには大き過ぎる衝撃でした。コクピットの中からは、どれぐらいの損傷を負ったのかを理解することはできませんが、マシンの感触があまりよくなく、かなりのオーバーステアでした。そこで、チームにどんなダメージを負ったのか聞いたところ、テレメトリー(走行中のマシンデータをピットから監視できるシステム)が故障したため、はっきり分からないとのことでした。最終的には、電気系の問題が発生し、マシンを止めざるを得ませんでした。こういうことは、レースではときに起こるものです。そして残念ながら、今日は我々に起こってしまいました。今回のレースには大きな期待を抱いており、ウエットコンディションではかなりの力強さをみせていただけに、非常に残念です。今夜はがっかりしているものの、実際にはポジティブで楽しい週末でした。チームはすばらしい仕事をしてくれましたし、2週間後のセパンでは、今回よりも幸運に恵まれることを願っています」

ストフェル・バンドーン(9番手スタート、決勝7位)

「今日はまさに波乱のレースでした!序盤は雨が降る中でのレースとなり、難しい状況でした。そこで、トラブルに巻き込まれないようにしようと集中し、なんとかうまく回避できたと思います。それ以降は、自分のレースを進めました。今日は、7位が自分にとってベストの結果だったと思います。6位を狙えるチャンスも一時はあったものの、2回目のピットストップで出遅れたため、うまくいきませんでした。それ以降は、マシンの実力をできる限り引き出し、パフォーマンスを最大限にすることに集中しました。今日はいくつかポイントを獲得することができたので、週末をいい気分で終えられます」

エリック・ブーリエ

「スタート直前に雨が降り出したとき、今日のシンガポールGPはエキサイティングで予測不可能なレースになるだろうと思いましたが、まさにその通りになりました。そんな中、ストフェルはフルウエット、インターミディエイト、オプションのどのタイヤで走っているときも、常に戦いに挑み、マシンのポテンシャルを最大限に引き出し、7位入賞という見事な結果を出しました。2回目のピットストップで出遅れなければ、6位も手が届く範囲だったと思います。ただフロントジャッキがうまく入らなかったために、左側のフロントホイールがフロアからちゃんと上がらず、タイヤを取り外すのに時間がかかってしまいました。そこで出遅れたため、ストフェルは果敢な走りでジョリオン・パーマー選手(Renault)に追従していたものの、結局、差を埋めることはできませんでした。一方、フェルナンドにとっては、非常に残念な一日でした。ウエットコンディションで見事なスタートを切ったにもかかわらず、1コーナーでマックス・フェルスタッペン選手(Red Bull)のマシンと激しく衝突しました。あまにも大きな衝撃だったため、マシンのボディが引き裂かれ、フロアに損傷を負い、最終的にはエグゾーストに穴が開くほどでした。セーフティカーの後方でフェルナンドがピットを通過した際に、最初に受けたダメージを確認することができました。実際のレーススピードになると、レースを続行できない状態だということがすぐに明らかになり、その直後にマシンをリタイアさせなければなりませんでした。自分たちのミスではないところで1台のマシンを完走させられなかったものの、今日はチーム全体にとってポジティブな一日でした。(次戦が開催される)マレーシアの高速コーナーでは、今回ほどの競争力はないかもしれません。それでも今日の結果は、少しでもチャンスが訪れた際には、我々も上位でハードなレースが展開できるということを思い出させてくれるでしょう」

アドセンス




アドセンス




-ニュース
-, ,

Copyright© Portrait in CARS , 2018 All Rights Reserved.