ニュース

日本の納屋で見つかった世界で1台のフェラーリが2億3000万円で落札!

投稿日:

広告コード

日本の納屋で見つかった世界で1台しかないという、フェラーリの「365GTB/4」シリーズの公道走行用のアルミニウム製車両が9月9日、フェラーリ70周年記念イベント内で行われた競売にかけられ、180万ユーロ(約2億3,300万円)で新オーナーの手に渡たった。

世界で1台の「アルミバージョン」

365GTB/4は1969〜73年の間、1200台以上が生産された2人乗りのグランドツーリングカーで、最高時速は約280キロ。「デイトナ」という非公式の愛称が付けられている。同社は、フェラーリは、米フロリダ州デイトナで開かれるデイトナ24時間耐久レース出場に向けてアルミニウムバージョンを5台生産。このうち公道走行用の車は今回発見された1台だけという。 車体番号12653が与えられた同車が完成したのは69年。71年に日本の販売店に輸出され、日本の車雑誌「カーグラフィック」の72年1月号で取り上げられた。何人か持ち主が変わった後、80年ごろに最後の所有者の納屋に収まり、以降約40年間、眠り続けたという。

発見された状態のまま修復を施さずに出品されたこのクルマ。170万ユーロ(約2億2千万円)での落札額が予想されていたが、実際はそれを上回る180万ユーロで落札。今後の行く末が気になるところだ。

アドセンス




アドセンス




-ニュース
-,

Copyright© Portrait in CARS , 2018 All Rights Reserved.