ニュース

我が国で10年ぶりとなる「24時間レース」が富士で開催決定

投稿日:

広告コード

富士スピードウェイは9月1日、2018年度に開催するスーパー耐久の富士戦について、『富士SUPER TEC 24時間レース』として日本国内で10年ぶりとなる24時間耐久レースとして開催することを発表した。

「耐久の富士」のフラグシップイベント

我が国で24時間耐久レースが開催されるのは、2008年までスーパー耐久の一戦として開催されていた十勝24時間レース以来のこと。富士スピードウェイでは1967〜68年の2回24時間レースが開催されたが、50年ぶりの24時間開催となる。 富士スピードウェイはここ数年、WEC(FIA世界耐久選手権)の6時間レースや、SUPER GTの500kmレースなど「耐久レース」に力を入れつつある。24時間レースは「耐久の富士」をより色濃くするもので、象徴となるイベントになることは間違い無さそうだ。

それに併せ、場内宿泊できるキャンプ場を設け、かつイベントも併催するなど、長時間サーキットで愉しむことを視野に入れている。 具体的な開催時期やルールについては現時点では不明だが、場内宿泊と併せて我が国でも「ニュルブルクリンク24時間レース」のようなイベントが根付くことを期待せずにはいられない。

アドセンス




アドセンス




-ニュース
-, , ,

Copyright© Portrait in CARS , 2018 All Rights Reserved.