スーパー耐久 ニュース

今シーズン最長!10時間耐久レースが富士で開催

更新日:

広告コード

9月2日(土)・3日(日)の2日間、富士スピードウエイにてスーパー耐久シリーズ2017第5戦「富士SUPER TEC 10時間耐久レース」が行われる。

10時間後のゴールを目指し58台がエントリー!

このレースには、7クラス合計58台がエントリー。3日(日)の午前8時、10時間の熱戦がスタートする。 (ST-Xクラス 9台、ST-TCRクラス 5台、ST-1クラス 2台、ST-2クラス 4台、ST-3クラス 9台、ST-4クラス 16台、ST-5 クラス 13台)

レースには、ST-X クラスに荒聖治選手、星野一樹選手、ST-TCRクラスにはFIA WTCCに 参戦している道上龍選手、SUPER GTの監督を務める脇阪寿一選手、元F1ドライバー中野信治選手、その他のクラスでも谷口信輝選手(ST-2 クラス)、安田裕信選手(ST-3 クラス)、本山哲選手(ST-3 クラス)などトップドライバーが参戦。また、全国各地から集まるアマチュアドライバーも多くハンドルを握る。

イベント広場では、NAPAC(日本自動車用品・部品アフターマーケット振興会)に加盟しているパーツメーカーによるブース出展をはじめ、夏祭りの縁日を再現し、射的、スーパーボールすくいなど、お子様が楽しめるブースも設置。 また、イベント広場のステージでは、富士スピードウェイイメージガール「クレインズ」、スーパー耐久シリーズレースクイーン「D’STATION フレッシュエンジェルズ」、参戦チームのレースクイーンなどが出演するショーを実施し、会場を盛り上げる予定だ。 入場料は大人が予選日・決勝日の通し当日券が4200円。中学生以下は無料となっている。今シーズンの国内最長レースとなる富士SUPER TEC 10時間耐久レース、ぜひチェックしてほしい。

アドセンス




アドセンス




-スーパー耐久, ニュース
-, , ,

Copyright© Portrait in CARS , 2018 All Rights Reserved.